片翼の召喚士 ep.77 お久しぶりな仲間たち

chapter-5.初恋の予感編
この記事は約13分で読めます。

片翼の召喚士 ep.77 お久しぶりな仲間たち

 ワイワイと賑やかになった部屋に、リトヴァをはじめとする数名のメイドたちが、豪華な料理の乗ったテーブルワゴンを、複数台押して入ってきた。

「飯だ飯だ!」

 匂いに反応してヴァルトは元気よくベッドから飛び降りると、ワゴンに飛びついて空の皿を手にとった。

「さあ! 俺様の皿にお菓子を盛るがいい!」

「毒でも食べてろ、うるさい奴…」

 ペルラがため息混じりに言うと、ヴァルトが心底嬉しそうに目を輝かせた。

「お昼ですからね、ありがたくいただきましょうか」

 カーティスがそう言うと、みんなワゴンの周りに群がった。

「はい、キューリさんのぶん」

「ありがとシビル」

 大きな白い皿にはたくさんの料理が盛られていたが、キュッリッキはそれを久しぶりに美味しそうだと思った。いつもなら食べる前に匂いでうんざりするところだ。

 皆皿を手に、思い思いの場所に座って食べ始めた。もごもごと口を動かしながらも、なにやら賑やかに会話が飛び交う。

 メイドたちも給仕に大忙しで、新しい料理や菓子の皿が、次々と追加された。見舞いということで、酒は出されなかった。

「ああ、ルーファス、そろそろあちらと繋いでくださいな」

 ふと思い出したようにカーティスが言うと、すっかり忘れてた、とルーファスが舌を出す。

 それをキュッリッキが不思議そうに見ていると、

「イソラにいるザカリー、マーゴット、マリオンの3人と、念話をつないでもらうんですよ」

 メルヴィンの説明に、キュッリッキの表情にサッと緊張のようなものが過ぎった。

「おっし、つながった。みんなー、声出して喋っても大丈夫だから」

 ルーファスの合図と同時に、

(おい大丈夫なのかキューリは!! 無事か!? 生きてるのか!?)

 けたたましいザカリーの声が、その場にいた全員の頭に喧しく轟いた。

「うるせーぞザカリー! ちったー静かに喋れ」

 ギャリーが即つっこむ。

(おめーなんか後回しだよ、それよりキューリ喋れるのか、まだ寝てるのか?)

 念話の声はイライラしていて、みんな「ヤレヤレ」と首を振った。

「アタシなら大丈夫だよ、ザカリー」

 キュッリッキは穏やかに答えた。

(ああ…よかった、ちゃんと喋れるんだな、大丈夫なんだな、よかった……)

 心底安堵したザカリーの声が、波が引いていくように小さくなる。

(キューリちゃんよかったぁ~、元気になったんだねぇ)

 明るく間延びしたマリオンの声が割って入る。

(ザカリーは安心しちゃってぇ、ナメクジみたいに溶けてるよぉ~)

 多人数中継のため、双方の映像までは念話で送受信出来ていなかったが、その様子が容易に想像できて、みんな大笑いだった。

 キュッリッキは苦笑をおさめると、真顔になって口を開いた。

「ザカリーは怪我、大丈夫なの?」

(オレ? オレは全然大丈夫だよ。もう包帯もとっぱらってるし、ピンピンしてるぜ!)

(うんうん。キューリちゃんを毎日思って、真ん中の脚もビンビンしてるもんねぇ~)

 マリオンがいちいち混ぜ返す。

(ばっ! うるさいよおまえは!!)

「ザカリー最低…」

(ちょっまて、別にビンビンは……たまにしてるが……いやいや、してないしてない)

「欲求不満男」

(うっせー格闘バカ!)

「娼婦のねーちゃんと遊んどけよ。帰ってきてキューリ見て襲いかからないように」

(だからそこまで飢えてねーよ! オレの心象最悪にするなおまえら!!)

(アタシで遊んであげよっか~?)

(死んでろブス!!)

(ブスって言われたあああ)

「そのくらいにしておかないと、キューリちゃんがこわ~い顔してるぞ」

 ルーファスの一言に、ザカリーとマリオンの悪態がピタリと止む。

 ふうっ、とため息をつくと、キュッリッキは膝の上の皿を見つめた。

「ザカリーの怪我、アルカネットさんの仕業なんでしょ」

 キュッリッキの言葉に、皆がハッとなる。

「そりゃ、あの怪物の…」

 ギャリーの言葉が言い淀む。

 キュッリッキはギャリーを見て、ゆるゆると首を横に振る。

「もう大丈夫だから」

 怪物との一件で、トラウマになっているかもしれない。怪物のことには触れないようにしようと、アジトを出る前にみんなで決めてきた。しかしそれは、無用な心配のようだった。

「ザカリーは遠隔射撃のスペシャリストでしょ、あんなデカイ怪物相手に至近距離で攻撃することはないし、離れていれば逃げられる。それに追いつかれる前に、みんなが足止めするはずだもん。だからザカリーが怪我したってことは、アルカネットさんしかいないよ」

 ギャリーが嘘をついていると気づいたのは、イソラの町にいたときだ。

 アルカネットの殺意は本物であり、キュッリッキが必死に言っても、殺意を引っ込めようとはしなかった。

 薬を飲まされたためそのあとのことは何も知らないが、ザカリーは怪我をしていると言ったギャリーの表情が、どこかやるせなさを滲ませていた。それを見たとき、ザカリーの怪我はアルカネットのしたことだと確信したのだ。

「アタシが心配しないように、みんなで気を遣ってくれたんだよね」

 気遣いは本当に嬉しかったが、そのことがより、キュッリッキの気持ちを重くさせた。

 もともとそういうことには勘が働きやすく、またよく当たる。

 アルカネットがしたことは良くないことだが、責めることは出来なかった。自分を思ってしたことだ。そしてザカリーに対しては、とても申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

「ごめんね、ザカリー」

(おまえが謝ることじゃないだろ!!)

 ザカリーは思わずムキになって怒鳴る。

「アタシがいけないの。本当のこと話せないから。まだ、話せないから…」

 ザカリーとの間に溝を作った、種族とコンプレックスのことを。

「気持ちの整理がついたら、ちゃんと話すから。みんなにもちゃんと話すから。だからもうちょっと、時間をちょうだい……」

 泣きそうになるのを懸命に堪えた。こんなときベルトルドやアルカネットがいれば、思い切り泣けただろう。でも、いまは堪えなくてはならなかった。

 室内が静かになる。みんな黙って、キュッリッキの様子を見守った。

「……話の腰を折るようだけどよ、ちょっと質問いいか、キューリ」

「うん、なに?」

 遠慮がちに口を開いたギャリーに、キュッリッキが顔を向ける。

「おまえあの神殿をずいぶん怖がってただろ。あの怪物が現れたり神殿の構造が変わっちまうって、知ってたのか? それで怖かったのか?」

「ああ…そういえば、キューリさんの怯え方は尋常じゃなかったですね」

 ブルニタルが記憶をたどるように呟く。

「んーん、アタシはなにも知らなかったよ。中に入ったらいきなり凄い揺れて、神殿の中が一瞬で迷路みたいになっちゃったし、急に目の前にあの怪物が現れたの」

 今でも思い出すと、ゾッとする姿の大きな怪物。

「なんかものすごく、怖い感じが神殿からしてたの。足がすくんじゃうくらい怖い気配みたいなもの。近寄っちゃいけない、危ないよって。そんな気がしてて」

「じゃあ、具体的なことは判らずだったんだな」

「うん」

「私からも疑問が一つ。何故召喚しなかったんですか? それに私やベルトルド卿にあずけていた小鳥も、忽然と消えちゃいましたし」

 カーティスは手を挙げ、不思議そうに言う。皆も気になっていた一つだ。

「召喚しなかったんじゃなくて、できなかったの。フェンリルもいきなり消えちゃったし、アルケラが視えなくなっちゃって」

 ガエルは肩に乗るフェンリルを見ると、フェンリルは悔しそうに喉を鳴らした。

「フェンリルが言うには、アルケラへ強制送還されちゃったんだって」

「フツーにそんなことできるん?」

 ルーファスの質問を否定して、キュッリッキは考えるように俯く。

「召喚士はアルケラを、アルケラという世界をこの目で視るの。そしてアルケラにいる住人をこちら側に招いて、用事が済んだらアルケラへ還してあげるのね。召喚士に招かれたアルケラの住人たちはそれがたとえ神様でも、自由意思で暴れたり力を使ったり、還ったりしちゃいけないルールがあるの。唯一の例外は、召喚士を守るために、生命の危険とか危機に自発的に動くことが許される。でも人や環境に害を与えることは、自分たちの意思でおこなっちゃいけないの。そして呼び出した召喚士しか、還すことは出来ないはずなんだけど……」

 フェンリルをあの場から排除するように働いた、なにかの強大な力。

「フェンリルはね、神様なの。今はこっちの世界で違和感ないように、仔犬の姿になってくれているからそうは見えないと思うけど。そのフェンリルを強制的に排除して、かつアタシのスキル〈才能〉を封じ込めた力が、あの神殿にはあったの」

「なるほど…」

 カーティスは腕を組むと考え込んだ。

 召喚士のスキル〈才能〉を封じ、神を排除する力。

(お聞きの通りです、ベルトルド卿)

(すまんな)

 途中からカーティスは、ルーファスとマリオンの繋いだ念話から、ベルトルドの念話に切り替わっていた。

(聞いたか? アルカネット、シ・アティウス)

(はい。随分と危険な代物のようですね、あの神殿は)

(これで確証を得ましたな)

(こっからは秘密の会談だ。戻してやる。ご苦労だったなカーティス)

(いえ。ではでは…)

 何やら気になる発言を聞いたところで追い出され、ルーファスとマリオンの念話に戻された。

 キュッリッキを慮って聞けずにいた、どうしても知りたかった今の事実。この機会に聞かせてもらおうと、ベルトルドからいきなり念話がきて、いっときカーティスとベルトルドの意思が繋げられたのだった。どうやら盗み聞きをしていたらしい。

「まあ、もうあの神殿に近寄ることはないでしょうし、原因究明は我々には関係なさそうですね」

 ブルニタルがそう締めくくろうとすると、

(それが、そうもいかねーみたいなんだよな)

 ザカリーが意味ありげに続く。

「どういうことでしょうか?」

(アタシらがこっちに残された理由はさあ、ザカリーの子守もあるんだけどぉ~、ソレル王国とか近隣諸国の偵察とか、諸々あったんだよねえ)

 ザカリーの言葉を継いで、マリオンが説明に入る。

(もんのすごぉ~~~~っく、キナ臭いんだよねぇ、ソレル王国とその周辺)

「それってつまり……」

(ああ、戦争が近いってことだぜ)

 不敵な笑みを含んだザカリーの声に、皆の顔に緊張が走った。

「戦争…」

 腕を組み、カーティスはぽつりと呟く。

(ケレヴィルの連中に手を出したこと、派手に国内で軍を動かしたことといい、ソレル王国の動向は、オッサンの勘に引っかかるモノが多かったらしいぜ)

「それでなのか、徹底的に首都を制圧してましたしねえ」

(キューリちゃんをエグザイル・システムに通すため、てのもあったようだけどぉ。あれはちっと、やりすぎぃ~)

「まあなんにせよ、今日明日ドンパチ始まる話じゃねえし、もっと状況がハッキリしてきてから悩もうぜ」

 ギャリーが締め括ると、皆頷いた。

 キュッリッキを元気づける目的もある見舞いで、キナ臭い話で深刻になっては意味がない。詳しい話は、ザカリーたちが帰ってきてからすればいいだけだ。

 その後は飲み食いしながら、みんなの近況やら、脳筋組み――とくにガエル、ヴァルト、タルコットの3名――の腕自慢話で盛り上がった。

 そうして楽しく賑やかな時間は、あっという間に過ぎ去っていく。

 すでに空は夕焼けでオレンジと紫色に染まり、薄暗くなった部屋には灯りがともされ、それをきっかけにしたようにカーティスが立ち上がった。

「そろそろ、おいとましましょうか。夕飯時ですしね」

 豪華な食事――途中で酒も大量に追加させられた――が振舞われ、ドンちゃん騒いでいたみんなは、そうだな~などとぼやきながら、ぽつぽつ腰を上げる。

「晩ご飯も食べていったらいいのに」

 身を乗り出しながら、至極残念そうにキュッリッキが言うと、

「アルカネットの野郎と鉢合わせる前に、オレら帰るぜ」

「アイツの顔見て飯が食えるかー!!」

 ギャリーとヴァルトが、心底嫌々そうに言う。

「また来ますよ。というより、早く元気になって戻ってきてください。みんなで待ってますから」

 にこやかに言うカーティスに、キュッリッキは大きく頷いた。

「戻ってきてください」という言葉が、キュッリッキの心を強く励ました。

 何時までも弱気になっていられない、早く元気にならなきゃ。そう心の中で誓う。

「オレ、みんなを下まで見送ってくるよ。メルヴィンはキューリちゃんのそばにいてあげて」

「はい」

「またな、キューリ」

 皆口々にキュッリッキにさよならを言いながら、入ってきた時と同じように、ガヤガヤと賑やかに部屋を出ていった。

 彼らの後ろ姿を見送り、メルヴィンは部屋の扉を閉める。賑やかな声が次第に聞こえなくなると、室内は驚く程静まり返った。

「一気に静かになりましたね」

 苦笑混じりに言われ、キュッリッキはクスッと笑う。

「みんな元気そうでよかった。ザカリーの怪我も、大丈夫だったみたいだし」

「そうですね。あとはリッキーさんが、元気になるだけですよ」

「うん」

(怪我の治りは順調なんだもの、いつまでも病人みたいに、寝てばかりじゃダメなんだから)

 この頃は過去の辛い記憶に翻弄されて、ずいぶん気弱になってしまっていた。でも、仲間たちの顔を見て、早く元気になろうと強く思った。

 優しく見つめてくるメルヴィンに気づいて、キュッリッキは思わず顔を俯かせる。

 喧騒が去って静まり返った室内には、2人だけしかいない。急にメルヴィンの存在を強く意識してしまい、恥ずかしくなって目が合わせられなくなってしまった。

 メルヴィンがそばにいる、声が聞こえる、息遣いを感じる。それだけのことで、何か熱いものが身体中を駆け巡っていた。

(メルヴィンと、ふ、ふ、2人っきりっ)

 心臓がいきなりドキドキしだした。頬に熱を感じて、自分の顔が赤くなっていることに気づく。そのことが知られたくなくて、慌ててシーツに潜り込んだ。

「どうしました?」

 いきなりシーツを目深にかぶってしまったキュッリッキに驚いて、メルヴィンはベッドに腰を下ろした。気分でも悪くなったのだろうか。

「リッキーさん?」

 覗き込むように声をかけると、消え入りそうなほど小さな声で返事があった。

「なんでも……ないの、ちょっと疲れちゃっただけ、だから…」

「……そうですか。じゃあ、もう休んだほうがいいかな」

 そう言って首をかしげながらも立ち上がる。せっかく2人きりになれたのだし、少し話でもしようと思っていただけに、メルヴィンは残念そうに息をついた。

 今日はずっと出かけていて、あまり話もしていなかった。

「オレは自分の部屋に戻りますね。何かあったら呼んでください。では、おやすみなさい、リッキーさん」

「おやすみなさい、メルヴィン」

 ほんの少しだけシーツから顔を出し、部屋を出ていくメルヴィンの後ろ姿を見送る。

 扉が閉められると、キュッリッキは大きく息を吐き出した。

 そんなキュッリッキの様子を、クッションの上から見ていたフェンリルは、なんだろうと首をかしげる。

「アタシ、このままじゃ心臓がパンクしちゃう」

 突然降って沸いたような感情に、自分でもびっくりしてしまう。

 メルヴィンと2人きりになると意識してしまい、鼓動が早くなり、顔が赤くなる。どう目を合わせていいか戸惑い、一言一句全てに身体が過敏に反応した。

 そしていなくなると、急に寂しい気分に包まれると同時に、どこかホッとしてしまうのだ。

「こんなの初めてだから、きっとアタシ、病気かもしれない」

 キュッリッキの呟きに、フェンリルは違う違うと首を振る。しかしキュッリッキはフェンリルのほうを見ていない。

 常に身近にいるベルトルド、アルカネット、ルーファスの3人に、こんな感情は湧いてこない。何故、メルヴィンにだけ沸いてしまうんだろう。それも、この数日のうちに急になのだ。

 とんでもない病気に罹ってしまったようだ。

「明日ヴィヒトリ先生に聞いてみよ…」

 しかし翌日ヴィヒトリに質問すると、

「医者には治せない課題を堂々と突きつけてくるな、このアンポンタンめ!!」

 と、盛大に怒鳴られて、絶句する羽目になるのだった。