片翼の召喚士 ep.67 与えられた愛

chapter-4.記憶の残滓編
この記事は約10分で読めます。

片翼の召喚士 ep.67 与えられた愛

 翌朝目が覚めると、ベルトルドとアルカネットは部屋にいなかった。時計を見ると7時を少し過ぎている。6時には目を覚ますキュッリッキにしてみたら、ちょっと寝坊だった。

 何度か目を瞬かせていると、頭もスッキリしてきて、昨夜のことを色々と思い出していた。

 こんな自分を愛してくれたベルトルドとアルカネット。これからは、もう寂しい思いをしなくていい。そして、ベルトルドとアルカネットの2人には、何も隠し事をしなくても大丈夫。辛いことも悲しかったことも、全部打ち明けられる。それにライオン傭兵団にもずっと居られるし、居場所を失うこともない。

「アタシ、もう独りじゃない。ベルトルドさんと、アルカネットさんと、ライオン傭兵団のみんなと一緒なんだ」

 エヘッとキュッリッキは弾んだ声を出して笑った。

 急に世界が開けたような気がして、怪我などしていなければ、飛び上がって踊りだしそうな気分である。

 それは他人から見れば、ささやかで小さな幸せなのかもしれない。でもキュッリッキには何ものにも代え難い、大きな幸せを掴んだ気持ちで心がいっぱいに満たされていた。

 ベルトルドは着替えが下手だった。脱ぐのは得意だが、軍服や着こなしが必要な衣服を身につけると、見事に着崩れてしまう。意図的にそうしているわけではなく、天然で崩れるのだ。

 そのため着替えに時間がかかるので、ベッドにしがみついて起きようともしないベルトルドを、アルカネットは魔法で引き剥がし、ベルトルドの部屋へと連れてきていた。

 寝ぼけ眼をこすりながら、ベルトルドは軍服を着る作業に取り掛かる。アルカネットがテーブルの上に順番に並べていたので、それを着るだけなのだが。

「どうしてアナタは、毎日同じ作業をしていて、上達しないのでしょうね…」

「人間誰しも得意不得意はあるもんだ。それに、俺は脱ぐのは得意だぞ。あと女の服を脱がすのも大得意だ!」

 フフンッと偉そうに笑う。

「そうでしょうとも。あれだけ御乱行していれば。素っ裸で帰ってくることも多かったですしね」

「…もう俺は、女遊びは辞めたんだ!」

「別に辞めなくてもいいのですよ? お好きなだけ女を取っ替え引っ替えして遊んでいればいいのです。リッキーさんには私がいますから、安心してくださいな」

「余計安心出来るかっ!」

 ようやく軍服を全て身に付け、鏡の前に立つ。

 雑に着たベルトルドの軍服を直しながら、アルカネットはホッとした表情で言った。

「それにしても、リッキーさんの心を救ってあげることができて、本当に良かったですよ」

「まだだぞ」

「え?」

 真顔になるベルトルドの顔を見つめ、アルカネットは首をかしげる。

「救ってあげられたのは、まだほんの表面だけだ。本当の意味で救うことになるのは、これからだ」

「確かに、言葉にして伝えただけに過ぎませんが…。まだ何か、彼女の心に問題があるのですか?」

「お前にも見せただろう、リッキーの過去を。俺たちが考える以上に、リッキーの心の傷は深いんだ。愛を伝えただけで、そう簡単に癒せるほど軽いものじゃない。お前も本気でリッキーを愛しているなら、覚悟しておけよ」

 眉間を寄せたアルカネットに、ベルトルドは頷いた。

「俺たちは愛という鍵を使って、リッキーが忘れようとしていたものを収めた心の奥底の扉を、無理やりこじ開けてしまったんだからな」

 メイド総出の身支度と、ヴィヒトリ医師の手当と診察が終わると、朝食の膳を持ってメルヴィンが部屋に入ってきた。

「おはようございます、リッキーさん」

「おはよう、メルヴィン」

 キュッリッキの顔を見るなり、メルヴィンは表情を曇らせた。

「どうしたの? メルヴィン」

 メルヴィンの表情に気づいて、キュッリッキは不思議そうに目を瞬かせる。

「い、いえ。何でもありません」

 表情に出してしまったことに小さく苦笑して、メルヴィンはベッドの傍らの椅子に座った。

「少しでもいいから、食べませんか?」

 昨日と同じ匂いがするスープと、グルーエルの皿が膳にのっていた。

「うん、じゃあ、ちょっとだけ」

「はい」

 メルヴィンは優しく微笑むと、サイドテーブルに膳を置いて、キュッリッキの身体を少し起こしてやる。シーツや寝間着を汚さないように、ナフキンを敷いた。

 スープの皿を手に取り、スプーンをキュッリッキの口に運ぶ。

「うわあ、美味しい」

 水と薬以外の食べ物を口に入れるのは、とても久しぶりである。口の中いっぱいに、染み渡るようにコンソメの味が広がった。そしてほんのわずかに中薬の風味がする。コンソメ味の薬膳スープだ。

「もう少し飲めますか?」

「うん。全部飲めるかも」

「良かった。さあ、どうぞ」

「ありがとう」

 急に食欲が沸いてきて、スープが喉をどんどん通り過ぎていく。少なめに盛られてはいたが、スープは全て胃袋におさまった。

 グルーエルはふた口ほど食べて、キュッリッキはもう満腹感を得てしまった。

 たとえ量は少なくても、何かを食べてくれたことに、メルヴィンは心から安堵した。キュッリッキが食事をしているところを見るのは、ナルバ山に出かける前のことだったからだ。

「久しぶりのご飯美味しかった」

 キュッリッキは至極満足そうに微笑んだ。

「良かったです。どんどん元気になりますね」

「うん」

「あとで、食べたいものなどありますか?」

「んー…」

 今は満腹だから、とくに思いつかなかった。それを正直に言うと、

「では、リッキーさんの好きな料理ってなんですか?」

 そう聞き返された。

「料理? 料理……生野菜じゃなければ、普通にどれも食べられるかなあ。ムースは好きかも。レモン味とかオレンジ味の」

「なるほど、判りました」

 メルヴィンは微笑み、あらかじめヴィヒトリから渡されていた痛み止めの薬を、キュッリッキに飲ませた。

 キュッリッキを寝かせ直して、メルヴィンは膳を下げに一旦部屋を出た。そして戻ってくると、キュッリッキは眠っていた。

 穏やかな表情で眠っているが、目はまだ腫れている。よほど、沢山泣いたのだろう。隣の部屋にいたメルヴィンにも、泣き声はずっと聞こえていたのだ。

 昨夜、夕食を早めに済ませたメルヴィンとルーファスが戻ると、閉ざされた扉の向こうからキュッリッキの泣き声が聞こえてきた。かなりの大声で泣いているのだろう、廊下にまでその声は響いていた。

 不安になってノックをして入ろうとした矢先、扉が開いてアルカネットが顔を出して、

「今日はもういいですから、おさがりなさい」

 そう言われ今に至る。

 何事があったのか問いただしたかったが、昨日とは打って変わり、憑き物が落ちた表情(かお)をしていた。それでなんとなく聞きそびれてしまったのだ。

 律儀と真面目が取り柄のメルヴィンは、一つのことが気になりだすと、解決するまでトコトン気になってしまう。

 何故あんなに目を腫らすくらい泣いていたのか、その理由が気になってしょうがない。

 別に自分が原因ではないのは判っている。それでも無性に気になってしまうのは、今の自分は、キュッリッキを慰め、励ます役割を任されているからだ。

 あの遺跡の中で、血溜まりに身を浸し、息も絶え絶えになっていたキュッリッキを、励ますことしかできなかった。

 ただ横に座り込み、冷えていく手を握り、話しかけていただけだ。

 ランドンやカーティスたちが、必死で止血や痛みを和らげようと魔法を使っていたとき、何も出来ていなかった自分が悔しい。魔法も医療もスキル〈才能〉が違うのだからしょうがないにしても、なにかもっと別に、キュッリッキの助けになることが出来なかったのだろうか。

 彼女に何一つしてやれていないことが、メルヴィンの気を塞いでいた。

 ベッドの傍らの椅子に座り、キュッリッキの顔を見つめる。

 初めてアジトに来た時は、美しく愛らしい顔は緊張で強張り、本当にこの先やっていけるのかと心配になったほどだ。しかし1週間ほど経つと、少しずつだが余裕も見え始め、さあこれからだ、といった矢先に大怪我を負ってしまった。

 仕事の時の、生き生きとした笑顔を思い出し、キュッと胸が締め付けられる。

 何度見ても見飽きない、素敵な笑顔だった。

「リッキーさん…」

 切なげに呟いて、ひっそり溜息をこぼしたところで、扉がノックされてルーファスが入ってきた。

「ただいまっ」

「おかえりなさい。みんなの様子はどうでしたか?」

「どっと疲れてたけど、とりあえず平気そう。ただみんな、キューリちゃんの様子が気になってしょうがないって感じだったネ」

「そうですか…」

 ルーファスは早朝に屋敷を出て、エルダー街のアジトへ様子を見に行っていた。

 みんな顔に疲労を貼りつけながらも、しっかりと朝食は摂っていた。

「どう? キューリちゃんの様子は」

「ええ、さっき少し朝食を摂ってくれました。機嫌も良かったですし、痛み止めの薬を飲ませたあと、こうして寝てしまいました」

「そっかあ」

 ルーファスも昨夜のことは気になっている。しかもベルトルドとアルカネットにガッチリガードされていたものだから、のぞき見もできなかったのだ。

「ベルトルド様とアルカネットさんに、悪さされた、とかじゃあないよねえ~?」

「そんなことをされた後の態度には、見えませんでしたね…」

 2人は苦笑いをしながら溜息をこぼす。

「エッチなことされてたら、さすがにオレらにも話しづらいだろうし、まあ、おっさんたちを信じるしかないってのがねえ」

「イコールそういうふうにしか思えないあたりが、情けない気がしてなりません」

「だってサー、アルカネットさんはともかく、ベルトルド様だよ~。貴婦人たちは取っ替え引っ替え、風俗店にも足繁く通い、愛読書はエロ本だよ」

「ほ、本当なんですか…?」

「ウン。何年か前にエルダー街にあったストリップ劇場、アレ買い取っちゃったもん」

「……」

 この場にベルトルドがいたら、殺されそうなことをルーファスは平然と言った。

「まあ、キューリちゃんこんなに可愛いけど、色気がナイからなあ~」

「それが、唯一の救いでしょうかね…」

 自分でそう言っておいて、メルヴィンは頭を激しく横に振る。気にするのはそこではない。

「オレちょっと、ベルトルド様の部屋行ってくる」

「え?」

「棚の中にベルトルド様秘蔵のエロ本いっぱい見っけちゃってさ。何冊か持ってくるね~」

 そう言って、ルーファスは鼻歌を奏でながら部屋を出ていった。

「リッキー、リッキー!」

「リッキーさん!」

 声がして、更に身体が揺さぶられ、キュッリッキはハッと目を開いた。部屋の中はまだ暗く、明かりが横から感じられて目を向ける。ベッドサイドのランプが、頼りなげな光を放っていた。そして人の気配が左右からして、男が2人、覗き込んでいた。

「大丈夫か? リッキー」

 覗き込んできながら、心配そうな声を出す男を凝視する。

 キュッリッキは暫く男を見ていたが、やがて表情を険しくさせ、男を睨みつけた。

「アタシに近寄るな!」

 キュッリッキは大きな声で怒鳴った。

「アタシのことを虐める大人なんて大っ嫌いなんだ!」

 一息に言って、ハァ、ハァ、と何度も息を荒く吐き出す。そして目の前の男を突き飛ばしてやりたくて、身体を起こそうとした。

「動いてはダメだ!」

「離せええっ」

「リッキー!」

「触るなああああああああ」

 包帯でキツく縛られている右半身は動かないが、左半身で精一杯の抵抗を試みる。足も大きくばたつかせ、押さえつけてくる男たちの手から逃れようと必死になった。

「傷口が開いてしまいます、落ち着いてください、リッキーさん」

 もう一人の男は慌て、どうしていいか判らず右往左往状態だ。逆に、先程から話しかけてくる男は、冷静な表情でキュッリッキを見据え、そして何度も優しく話しかけ続けてきた。

「俺だ、リッキー、ベルトルドだ。リッキー」

 同じ言葉を辛抱強く言い続ける。

 10分ほどそんな状況が続いたが、やがてキュッリッキはくたりと動かなくなり、ジワジワと目尻に涙を浮かべると、しゃくり上げながら泣き始めた。

「ごめん…なさ…い…ごめ…」

「ヨシヨシ、良い子だ」

 大きな声で泣くキュッリッキの頭を、ベルトルドは腕に抱いて、もう片方の手で優しく頬を撫でた。

 正気に戻ったキュッリッキを見て、アルカネットはホッと胸をなでおろした。

 眠りについて暫くすると、苦しそうな唸り声が聞こえてきて目を覚ました。そして隣を見ると、顔に大汗を滲ませながら、キュッリッキが唸っていた。ベルトルドも目を覚まし、2人がかりでキュッリッキを目覚めさせようとして、今に至る。

 段々と泣き声も小さくなり、何度かしゃくりながら、キュッリッキは水底に沈んでいくように目を瞑る。

「ベルトルド様、これは一体…」

 キュッリッキが眠ったのを確認してから、アルカネットは声を顰め、怪訝そうにベルトルドを見る。

「辛い過去を、夢にみていたようだ」

「…夢、ですか」

「よほど辛いことだったのだろうな。泣き出すまで、俺のことが判っていなかった」

 横になったベルトルドは、手を伸ばしてキュッリッキの頭をそっと撫でてやる。表情がやるせなく歪んだ。

 ベルトルドの顔を見て、そしてキュッリッキを見る。アルカネットは小さく息を吐くと、再びベルトルドに目を向けた。

「……昨日仰っていたことは、このことだったのですか」

「ああ、そうだ」