片翼の召喚士 ep.64 押し寄せる不安(2)

chapter-4.記憶の残滓編
この記事は約8分で読めます。

片翼の召喚士 ep.64 押し寄せる不安(2)

 昼過ぎにキュッリッキは目を覚ました。しかし沈んだ様子のキュッリッキに、ぎこちない時間だけが過ぎて行った。

 陽が落ちていくにつれ、更に目に見えて落ち込み度が深まっていく。

 ルーファスもメルヴィンも心配がどんどん膨らみ、何かあったのかとなんとか聞き出そうとするが、キュッリッキは目を伏せたまま答えようとしない。無理強いするのも可哀想になるくらい落ち込んでいるので、それ以上追求も出来なかった。

 そうこうしているうちに夜になり、執事代理のセヴェリが呼びに来て、2人は夕食をとるため部屋を出た。

「そういやベルトルド様達遅いな。もう帰ってきてもいい頃だろ?」

「昨日は仕事を休む形になってますから、きっと残業なんでしょう」

「ああ…」

 天井を見上げながら、ルーファスは何度も頷く。

「副宰相、軍総帥、ケレヴィルの所長もやってたよな確か。役員とかもけっこう抱えてたし。国政と軍事だけでも大変なのに、オレらの後ろ盾もやってるんだよなあ」

「なんでも、司法にもちょっと触れてるみたいですよ…」

「ひい」

 毎日大変そうだなあと、2人は苦笑する。ハワドウレ皇国という、巨大な国の政を任されているのだ。事務処理だけでも大変な量だろうと想像がつく。

「お2人が戻るまでは、オレ達でそばにいたほうがいいですよね?」

「そうだね。ただ、キューリちゃんが一人になりたそ~なオーラ漂わせてるから、ちょっと…」

 心配事を口に出すのも辛そうに、塞ぎ込んでしまっていた。

「そんな雰囲気になってましたね。でも、なおのこと一人にしておくのも不安ですし、早めに食事を済ませちゃいましょう」

「だな」

 疲労感を全身からオーラのように滲ませ、デスクの前でぼーっとしているベルトルドの前に、アルカネットとシ・アティウスが揃って顔を出したのは、すっかり暗くなった頃だった。

 予定外に会議が早く終わったとかで、使いから連絡があり、2人共総帥本部の執務室に出頭したのだ。

 ベルトルドのデスク前まで来ると、シ・アティウスは小さく肩をすくめた。この部屋の主は、なんとも弛緩した情けない顔をしていた。

「貴婦人が夢から覚めるような顔をなさっていますよ」

 シ・アティウスが率直な感想を述べると、ベルトルドは拗ねた顔で小さな吐息を漏らした。

「さすがに疲れた…」

 夜も明けきらぬうちから、大量の書類と格闘を開始して、現在まで激務をこなしていたのだ。リュリュに宰相府の仕事を押し付けているので、リュリュの手伝いがなかったのも影響している。次席秘書官などとリュリュの処理能力は、比べるまでもなく雲泥の差がありすぎた。

「伊達にオカマの道は貫いていないな」

 全く関係ない例えを用いて、ベルトルドは勝手に納得していた。

「我々が報告をしている間、これでも食べて一服していてください」

 見た目の愛らしいチョコレート菓子の皿と紅茶をデスクに置いて、アルカネットが労をねぎらう。泣く子も黙らせる副宰相閣下は、実は大の甘党である。

「お、すまんな」

 ベルトルドはチョコレート菓子を一つつまむと、美味しそうに口の中に放り込んだ。

 その様子を無感動に見ながら、シ・アティウスが淡々と報告を始めた。

 ソレル王国のナルバ山の遺跡に関する調査報告だった。時折アルカネットが補足をし、ベルトルドが質問を挟んで、報告には30分もの時間を費やした。

「そうか。あれがレディトゥス・システムだったか」

「間違いないでしょう」

 シ・アティウスは断言した。

「ソレル王国の不審な行動も明らかですし、頃合でしょうね」

 アルカネットが報告書を差し出すと、数枚に書かれた内容に目を通し、ベルトルドは嘲笑うように口の端を歪めた。

「愚かな頭を持つと、小国は苦労をするな。折角だからしっかりまとめさせてやれ、こちらが動くのはそのあとだ」

 アルカネットは肩をすくめて、了解の意を示した。

「では、私は研究の続きがありますので、これで」

 礼をして踵を返そうとしたシ・アティウスを、ベルトルドが止めた。

「ちょっとお前たちに見てもらいたいものがあってな、こっちきてくれ」

 ちょいちょいと指先を動かし2人を招く。そして立ち上がり、デスクの前に出ていきなり2人の頭を鷲掴みにした。

「……これは、なんの真似でしょうか」

 シ・アティウスは顔色一つ変えず、僅かに眉を引き上げて呟いた。

「おう、ちょっとだけ我慢しろ。映像を見せるときは接触しているほうが、きれいに見せられるんでな」

 そう言ってベルトルドは目を閉じる。ならうように2人も目を閉じた。

 約10分ほどそうしてから、ベルトルドは手をはなした。

 三者三様、何とも言えない表情を浮かべて黙り込んだ。とくにアルカネットなど、倒れそうなほど青ざめている。

「あの召喚士の少女に、こんな過去が…。キツイですね」

 アルケラのことを一生懸命に語るキュッリッキの顔を思い出し、シ・アティウスにしては珍しく、沈痛な面持ちでため息をついた。

「このことで昨夜は荒れてな。今頃ひどく落ち込んでいるだろう」

 ベルトルドは昨夜のキュッリッキとの一件を、彼女の記憶とともに2人に映像として見せたのだ。

 キュッリッキの過去を調べ上げたのはアルカネットだったが、知り得ている情報と照らし合わせても、映像で見せられるとより辛い。胸が締め付けられるほど苦しくなり、アルカネットは荒く息を吐き出した。

「リッキーさんの苦しみは、こんなものではないのでしょうね…」

 これまでどれほどの痛みを心に受けていたのだろうと思うと、アルカネットはやりきれない思いでいっぱいになった。

「子供の時分にこれだけ辛酸な目にあっていれば、立ち直るのは難しいだろう。だが、このままだと、どこへ行っても居場所を失う」

「荒れ方からすると、ほとんど無意識に感情が迸っているような感じでしたね」

「うん。そして正気に戻れば、深い後悔ばかりだ。自分で自分を傷つけている」

「ふむ」

 深沈するように俯いたシ・アティウスを見ながら、ベルトルドは腕を組んで小さなため息をついた。

「あれでは遠からず、壊れてしまうだろう。もう限界が見えている。なんとかしてやりたい」

 そこで、とベルトルドはデスクに座って脚を組む。

「俺に全部任せろ」

 唐突に胸をバンッと叩き、どこから湧いてくるんだろうと思うような自信を顔に貼り付けて、ベルトルドは傲然と言い放った。

 とてつもなく無表情なシ・アティウスと、胡乱げに目を眇めるアルカネットに見つめられ、ベルトルドは「なによ」と頬を引きつらせる。

 たっぷりと間が空いたあと、アルカネットが深々としたため息をつく。

「偉そうに何を言うかと思えば…。それこそ過去女性問題で、私がどれほど尻拭いさせられたか、アナタ忘れてないでしょうね?」

「救うより遊んで捨てる方が得意なのだと、ずーっと思っていました」

「おまえらな…」

 ベルトルドは腕を組んで、ふくれっ面のままそっぽを向いた。

「俺はリッキーに恋をしているんだ。愛している。本気でな」

「へー」

 シ・アティウスが棒のような声でツッこむ。キリッと決めたところへ薄い反応が返され、ベルトルドの表情がガックリと歪んだ。

「へーとか言うな、へーとかっ! たいがい無礼だなお前は!」

「失礼、心の声がつい」

「ぐぎぎ」

 ベルトルドは噛み付きそうな顔をシ・アティウスに向けたが、涼しくスルーされた。

 2人の様子を呆れ顔で見つめながら、アルカネットはさてどうしたものかと思案し始めた。

 幼い頃から傷つき続けているキュッリッキの心を救い、癒すためには、それ以上の優しさと愛がなければダメだ。

「負けませんよ…」

 シ・アティウスに噛み付き続けるベルトルドの顔を、アルカネットは目を細めて睨みつけた。

 ベッドに身を横たえながら、キュッリッキはぐるぐると悩んでいた。

 もうじきベルトルドたちが帰ってくる。そしてここを追い出され、ライオン傭兵団も出て行かなくてはならないのだ。

 いつものことだ。

 感情を乱れさせ、居場所をなくして、ハーツイーズのアパートへ戻る。

 慣れたくはないけど、慣れてしまっていることなのに、今度ばかりは辛い。

 こんな大怪我をしてしまったけど、ソレル王国でライオン傭兵団の中での仕事は楽しかった。召喚の力でみんなの持っている力を引き出し、サポートして、充実した気分になれた。

 やっと居場所のようなものを見つけた気がしたのに。自らの振る舞いで、もうじき終わろうとしている。

 そこへドアがノックされ、リトヴァが夕食の膳を運んで部屋に入ってきた。

「お夕食をお持ちいたしました。少しでも、お召し上がりなさいませ」

「欲しくない…」

 キュッリッキはポツリと呟いた。

 リトヴァはスープポットからいい匂いのスープを皿に入れて、皿を持ってベッドの傍らの椅子に座った。

 透明な金色のスープは、コンソメスープのようだ。

「お怪我をなさってから、もうずっとなにも召し上がっておられないと聞いております。固形のものは胃に負担がかかりますし、スープなら大丈夫でしょう。温かいスープを少しでも、お口に入れてくださいませ」

 しかしキュッリッキは、きゅっと口を引き結び、目を伏せていた。

「お嬢様、少しはお食べになりませんと…」

 リトヴァが困ったようにスプーンを皿に戻す。

 屋敷の料理人たちが、キュッリッキが元気になるようにと、滋養のある食材を用いて心を込めて作り上げたスープだ。少しでもいいから口に入れて欲しかった。

「ごめんなさい、お腹すいてないの」

 相変わらずシーツに顔を半分埋めたまま、キュッリッキはくぐもった声で小さく答えた。

 お腹なら、すでに不安で満たされている。これ以上何も入りそうもないほどに。

 怪我をした日から薬と水以外口にしていなかったが、少しも空腹は感じなかった。むしろ、ベルトルドの帰宅が怖くてならない。まさかそれを言うわけにもいかず、キュッリッキにはほかに言い訳が見つからなかった。

 これ以上粘っても無理だと思い、諦めて皿を下げようとリトヴァが腰を浮かせたとき、ノックがして屋敷の主が入ってきた。

「今帰ったぞー!」

 元気に言うベルトルドに続いて、アルカネットも入ってきた。

「おかえりなさいませ、旦那様がた」

 リトヴァは慇懃に挨拶をしてキュッリッキの方を見ると、キュッリッキの顔が一瞬にして緊張に塗り変わっていた。

 その様子を怪訝そうに見ながらも、ベルトルドに下がるよう言われて、リトヴァは食事の膳と共に部屋を出て行った。

 ついに、帰ってきてしまった。

(謝らなくっちゃ…)