片翼の召喚士 ep.8 入団テスト(4)

chapter-1.ライオン傭兵団編
この記事は約6分で読めます。

片翼の召喚士 ep.8 入団テスト(4)

 そこへ、落雷のような迫力で、ベルトルドの一声が念話に割り込んできた。吃驚したザカリーは、思わず目を見張る。

(貴様らがやらせたんだ、キュッリッキに)

 グッと喉をつまらせたような反応が、一斉に念話の中に交じり合う。

(あの子は入団テストのために、必死に考え、アレだけの力を見せつけたんだ。それを今更貴様らは、非難でもするつもりか?)

 露骨に責めるベルトルドに、ザカリーは噛み付いた。

(別にオレら、大量虐殺しろなんて言ってねえ!)

 そう、テストのためとは言え、あっさりと大量虐殺をやってのけたキュッリッキに、心底驚いたのである。

 はぁ、っと疲れたような、ベルトルドのため息が続く。

(キュッリッキが来なかったら、貴様らはどうアレを切り抜けるつもりだった? カーティスの魔法で焼き殺すか、ギャリーのシラーで斬殺しまくるか、ザカリーの魔弾で吹っ飛ばすか、ルーのサイ《超能力》で叩き殺すか。どのみち殺すんだろうが)

(そうだけどよ…)

(他人の行為は常識人ぶって非難するくせに、貴様らの行いは正当化するのか。つくづく最低なクズどもだな)

 怒りも顕に軽蔑されて、皆押し黙る。

(貴様らと違ってな、キュッリッキはちゃんと判っている。アレが虐殺行為であることも、あそこまでやらないと認めてもらえないということも。つまらんプライド意識が、あの子にやらせたということを、貴様ら自覚するのだな!)

 ライオン傭兵団がベルトルドに説教されている頃、キュッリッキは唇を尖らせて、つまらなさそうにつま先で地面を蹴っていた。

(ご苦労だったな、キュッリッキ)

 突然頭の中にベルトルドの声が入ってきて、キュッリッキはぴくっと顔を上げた。

(ベルトルド…さん?)

(ああ、そうだ)

 優しいその声に、肩の力が抜ける。

(キュッリッキの活躍は、全部見せてもらったぞ。凄かったな)

(え、どうやって見てたの!?)

(そこにいる、3バカたちの目を通してだよ)

 3バカと称された3人に目を向け、あまりよく判っていない顔で小さく頷く。

(入団テストは合格だ。今日からキュッリッキも、ライオン傭兵団の仲間だ)

(ホントに? よかったあ~)

 キュッリッキは嬉しそうに、顔をほころばせた。

(あとのことはカーティスに任せてある。今後もその凄い力で、頑張るんだぞ)

(はーい)

 ベルトルドに優しく励まされていると、複雑な表情を浮かべたカーティスが戻ってきた。

「ねえ、アタシ、テスト合格だって。ベルトルドさんが」

 嬉しそうなキュッリッキに、カーティスは頷いた。

「ええ、合格です」

 その言葉に、キュッリッキは無邪気に微笑んだ。

 ギャリーはよっこらせっと言いながら立ち上がり、大きな掌をキュッリッキの頭に乗せると、ワシャワシャと撫でた。

「おめっとさん、ちっぱい娘」

「ちっぱい言うなっ」

「よろしくね、キュッリッキちゃん」

 ルーファスがキュッリッキと目の高さを同じにして、ニッコリと言った。

「まあ、その、なんだ、凄かった」

 ザカリーはぎこちなく言うと、苦笑を浮かべた。

「サントリナからは、しっかり報酬をいただいてきました」

 カーティスは一枚の紙切れをビシッと示す。二千万ほどの金額が、その紙切れに書き込まれていた。小切手だ。

「中々奮発してるじゃない」

 小切手をカーティスからひったくり、ルーファスが素っ頓狂な声を上げた。

「これでも値切られたほうですよ。当初は五千万の予定でしたし」

「ご…」

 キュッリッキが呆気にとられて呟く。噂通り、破格の報酬額がやり取りされているようだった。

「一億でもよかったかもネ~。一度の出兵や戦闘での損失に比べると、小銭程度だしさ、これじゃ」

 ルーファスが肩をすくめると、ギャリーが鼻を鳴らす。

「まっ、財政的にも大変そうだしな、これで勘弁してやれや」

「まあね~」

「メルヴィン組みとガエル組みの仕事も終わったようです。明日には全員顔を揃えられるでしょう」

「そっか。んじゃあ、明日はキュッリッキちゃんの歓迎会だね」

「豪快屋に予約入れとかねえとな」

「マーゴットに指示しておきました」

「おいカーティス、サントリナ軍が馬車を用意してくれたってよ」

「判りました」

 ソープワート軍が一斉に消えてしまったので、狐につままれたように呆気にとられていたサントリナ軍も、撤収の準備に取り掛かってざわついていた。

「さて、我々も帰りましょうか」

 ヴィープリ峡谷から首都ルヤラまでは、来た時と同じように途中の村で馬を変えて、休まず馬車を走らせた。夜通し走り続け、明け方には首都ルヤラに到着し、5人は眠い目を擦りながら、皇都イララクスに帰還した。

「では、今夜あなたの歓迎会をします。迎えを行かせるので、アパートで待っててください」

「うん、判った」

「お腹すかせてくるんだよ。歓迎会やるとこのお店の料理、美味しいからね」

 真顔で告げるカーティスの横で、ルーファスが屈託のない笑顔で言った。

 クーシネン街のエグザイル・システムのある建物の前で、キュッリッキはカーティスたちと別れて、ハーツイーズ方面へ行く乗合馬車に乗った。明け方という時間帯のせいか、乗客はキュッリッキ一人だった。

 乗合馬車は停留所をクネクネ回って進むので、ハーツイーズへは1時間ほどかかるだろう。

(馬車に乗ってるだけだったけど、休みなしの乗りっぱなしは腰が痛いなあ。疲れちゃった)

 ひっそりと溜め息をこぼし、眠い目をコシコシ擦った。シャワーも早く浴びたい。

「合格……かあ。――アタシ、ちゃんとやっていけるかな…」

 囁きに近いほど小さな声で呟く。

 キュッリッキは人見知り体質だった。先程は入団テストということもあって、緊張やらなにやらで、人見知りどころではなかった。しかし、これからは傭兵団という中で、新しい仲間たちと暮らしていくことになる。

「不安だなあ…」

 両膝を抱え、膝に顔を埋めた。

 いつも新しい所で、すぐ問題を起こした。それはほんの些細なことで、普通なら誰も気にしないことだが、キュッリッキはその些細な事に触れられると、異常なほど感情を爆発させて、周りに壁を作ってしまう。そんなことを繰り返して、居場所をなくして抜けるのだ。そして傷つく。

 新しい受け入れ先が見つかると、キュッリッキは必死に自分に言い聞かせた。

「今度こそ、頑張ろう。感情を抑えよう、堪えよう!」

 それなのに、失敗ばかり。こんなことでは、せっかくの受け入れ先も、すぐ失うだけなのに。頭では判っているはずなのに、感情面がコントロール出来ない。

 傭兵なら誰もが憧れるライオン傭兵団に、ちゃんとテストに合格して、正式に入団できたのだ。この先仕事もしっかりこなせる自信もある。でも、コミュニケーションは、果たして円満に出来るだろうか。

 それを思うと、合格した喜びすら、シワシワと萎んでしまう。気が重くなる。

「はぁ…」

 ずっしりとした重みの感じる溜め息を吐き出し、キュッリッキは目を閉じた。

「お嬢様、着きましたよ」

「うん…?」

 いつの間にか椅子に横たわって眠っていたキュッリッキは、御者に起こされて跳ね起きた。

「あっ、あれ? アタシ寝ちゃってたのね」

 キュッリッキは慌ててポシェットから財布を取り出し、銅貨3枚を御者に渡す。

「ありがとうございます。では、お気をつけてお帰りください」

「ありがとー」

 ぴょんっと馬車から飛び降りる。御者以外はガラ空きの、ゆっくり走り出す乗合馬車を見て、キュッリッキは軽く首をかしげた。

「なんで”お嬢様”なのかな? 普通は”お客さん”て言うのに。ヘンなの」

コメント