【小説】片翼の召喚士-episode086

chapter-3.混迷の遺跡編
この記事は約3分で読めます。

混迷の遺跡編-episode086 【片翼の召喚士】

 それは、何度か乗ったことのある汽車のようだ、とファニーは思った。

「ヒあああああっ!」

 悲鳴に尾ひれが付きそうな勢いで、しかし身体はグラリとも揺れない。浮き上がったままの姿勢で飛んでいた。

 何かにしがみつきたくて手を動かすが、空をカラカラからぶるだけだ。

「不安なら、オレが抱きしめててあげるよ~、ファニーちゃん」

 前の方でルーファスが両腕を広げている。

「い、いえ、ケッコーです…」

「えーっ」

 物凄くイヤそうな顔で拒否られて、ルーファスは肩を落とす。

「それにしても、凄いですね」

 目を丸くしているハドリーに、ギャリーが笑いかける。

「あの御仁は、仲良くピクニック出来る柄じゃねえからな。早くイララクスに連れて帰りたくて急いでる。まあ、オレらはオマケだけどな」

「確かに…」

 人が群れててベルトルドの姿は見えないが、こんな速さで飛んでいて、キュッリッキは大丈夫だろうかと顔をしかめる。

「大丈夫だよ」

 ルーファスにウィンクされて、ハドリーは苦笑った。

「ベルトルドさまー、空間転移でキューリさんだけでも連れていけないんですか?」

 ハーマンが大声を上げると、

「できん」

 そう短く返事が飛んできた。

「空間転移は物凄く精神力を必要とするんでな、リッキーにかける防御を保てる自信が流石にない。己の未熟が口惜しいが、安全第一だ」

 魔法とサイ《超能力》は異なる。魔法スキル〈才能〉を持つハーマンには、サイ《超能力》がいまいち理解出来ていない。どういうものか知識だけしか知らないのだ。

「具体的に防御って、どんなことするんです?」

 ハーマンが食い下がると、

「ルー、貴様が懇切丁寧に説明してやれ。俺が採点してやる」

 そう突っぱねられた。

 ハーマンは首をすくめ、そしてルーファスを見る。ルーファスは苦笑を浮かべて頷いた。

「魔法は魔力を使って、無から有を作り出せるでしょ、でもサイ《超能力》はそれができないってことは知ってるよね」

「うん」

「魔法って、魔力を呪文でその魔法の形にするじゃない。その時魔法は、魔法使いから切り離されるだろ。でもサイ《超能力》の力は自分の精神力を源とするから、防御って形を取っても、念力を使っても、ずっと繋がってるんだよね自分と。今オレたち、ベルトルド様のサイ《超能力》で飛んでるけど、これってベルトルド様にお姫様抱っこしてもらってる感じ」

「気味の悪い表現をするな!」

 ベルトルドの怒号が飛んできて、ルーファスはエヘヘッと笑う。

「防御に使おうとしている精神力は、魔力で言うとねえ……イラアルータ・トニトルスを100回撃つようなレベルかな」

「ウゲ…」

 それを想像し、ハーマンの顔が歪む。それはものすごく判りやすい。

「キューリちゃんに張ろうとしている防御は、物凄く繊細なものになる。転送の時の負荷を、寸分も与えないためにするから。それを維持し続けるために、その倍も精神力が使い続けられるんだ」

 魔法だとなぜ同じことができないのかは、ルーファスも知らない。判る者は、この時代にはいないようだった。

「だから、空間転移と防御と維持の3つを一度に使うのは、ベルトルド様が2人はいないと難しいかな~ってことだよ」

「幼稚な説明だが、及第点をやろう」

「ありがとっす!」

 ルーファスは首をすくめ恐縮した。

「そっかあ、張ったらほったらかしにはできないんだね」

「だね」