【小説】片翼の召喚士-episode057

chapter-2.ナルバ山の遺跡編
この記事は約3分で読めます。

ナルバ山の遺跡編-episode057 【片翼の召喚士】

 ソレル王国軍が再び現れないか警戒は続けていたが、とくにすることもないので、ガエルとブルニタルはそれぞれ離れたところで座っていた。残りの4人は小さな輪を囲んで、談笑を楽しんでいる。

 ファニーにゲシゲシ足蹴にされていたキュッリッキは、その後目を覚ましたが、身体中がジクジク痛んで、不思議そうに眉をしかめっぱなしだ。また騒がれても面倒かと、その場にいた全員は、あえて口をつぐんでいた。

「神殿の中は一直線の通路と、例のエグザイル・システムのようなものしかありませんでした」

「そうなんだ~。んで、どんなものだったの?」

 外に居たキュッリッキのために、メルヴィンが見てきたことを説明してくれている。

「半円形の台座の上に、ガラスのような透明な柩にも似た箱が、真っ直ぐ立てられているだけでした。エグザイル・システムのようなもの、という表現が当てはまるのかどうか、外見だけではそうは見えませんでしたけどね」

「箱なんだ。うーん、何だろうね」

 自分の目で見てみたい気もするが、神殿に入るのだけは絶対に嫌だった。意識をこらせば、神殿からの怖い気配はジワジワ感じられる。入るのは危険だと、本能も警鐘を鳴らしているのだ。

「そうそう」

「うん?」

「さっきオレ、副宰相のナマ声聴いちゃったよ。リッキーのこと褒められなくて、残念そうだったぞ」

「えー、そーなの~? じゃあ、この任務終わったら、いっぱい褒めてもらいに行こうっと」

 嬉しそうに言うキュッリッキに、ファニーが身を乗り出す。

「なによアンタ、ハーメンリンナに出入りできるわけ?」

「えっへへん! 通行証作ってもらったんだよー」

 キュッリッキは得意気にファニーを見る。

「いいなーいいなー、ハーメンリンナに可愛い洋服屋さんがあるっていうじゃん。一回行ってみたいんだよね~。買うと高そうだけど」

「じゃあ、じゃあ、任務終わったら一緒に行こうよ」

「行く行く!」

「動く箱に乗って移動できるんだよ」

「なにソレ~」

 盛り上がる女性陣2人をよそに、メルヴィンがそっとハドリーに耳打ちする。

「一部貴族・高官専用の、特別通行証なんです…」

「………ず、随分気に入られたみたいっすね」

「ええ、猛烈に好かれているようです」

「まあ、嫌われるよりは良い」

 今のところは、キュッリッキも仲間の一員として溶け込んでいるようで、ハドリーは少し安心していた。

 いつも新しい所で馴染めず、泣きながら、傷つきながら帰ってきていたキュッリッキ。自らの不幸な生い立ちが、仲間たちの中に馴染もうとする心を邪魔してきたからだ。

 エルダー街に引っ越してから少しして、キュッリッキが会いに来てくれたとき、ライオン傭兵団にちょっとずつ馴染んできたと喜んでいた。みんな自分を仲間だと受け入れくれて、優しくしてくれるとはしゃいで言っていた。

 翼のことを見られて、不安な相手もいるらしいが、後ろ盾の副宰相にも随分気に入られているようで、ハドリーは安堵した。

(今度はもう、泣いて戻ってくることはなさそうだな)

 ハーツイーズのアパートの、キュッリッキが使っていた部屋は、もう正式に解約してもいいだろう。帰ったらギルドで手続きしてこようと、ハドリーは思っていた。