【小説】片翼の召喚士-episode056

chapter-2.ナルバ山の遺跡編
この記事は約3分で読めます。

ナルバ山の遺跡編-episode056 【片翼の召喚士】

「副宰相のナマ声、オレ初めて聴いたぜ…」

 緊張を解くように、ハドリーがふぅっと息を吐き出して言う。

「胃が痛くなるので、あまり聴いていたくないんですけどね」

 苦笑しながらメルヴィンが応じた。ガエルも黙って頷く。眼鏡をクイッと手で押し上げて、ブルニタルは彼らを振り向いた。

「神殿から出ましょう。外の様子も気になりますし、ここに居てもしょうがないでしょうから」

「そうしましょう」

 4人は頷いた。

「みんなまだかな~」

 壁にもたれかかって、床で転がったり丸まったりしているフェンリルを構いながら、神殿の入口を見つめる。ファニーは目を覚まさず、話し相手がいなくなって、急激に退屈感に蝕まれつつあった。

 暇つぶしに何か襲ってこないか意識をこらしたが、哨戒に出している綿毛たちは、何も見つけていない。

「つまんない」

 神殿の入口から離れていると、先ほど感じたような、足がすくむほどの怖さはなかった。しかし相変わらず嫌な気配のようなものは、ヒシヒシと感じ続けていた。

 戦場での危険感知とは若干違う。敵意といったようなものでもない。

 ただ、怖いと感じるのだ。

 キュッリッキはそうした勘を、これまで外したことがない。キュッリッキだけが感じる何かが、この神殿にはあるのだろうか。心の中で警鐘は鳴りっぱなしだったが、今はまだ小さい。神殿の中に入らなければ大丈夫だと、キュッリッキには確信があった。

「早くみんな戻ってきたら、気にしなくてもすむのに~」

 ちょっとふくれっ面になってぼやくと、ファニーが身じろぎする気配があった。

「う……ン」

 何度か小さく呻いたあと、ファニーは身体を僅かに揺らし、薄らと目を開いた。

「ファニー起きた!」

 キュッリッキは壁から離れると、ファニーの顔の前に膝を揃えて座り直した。身を乗り出して顔を覗き込む。

「その元気な声は……リッキー?」

「うんっ!」

 嬉しそうにキュッリッキは首を縦に振った。

 ファニーはゆるゆると上体を起こすと、壁にもたれかかって頭を軽く振った。まるで悪夢をみて目が覚めたような、不快感を貼り付けたような表情で辺りを見回す。

「縄切ってくれたんだ、あんがと」

「どーいたしまして。アタシじゃないけど」

「ところで、ハドリーどこいったの?」

「神殿の中だよ」

 そう言って神殿を指す。

「ふうん…?」

「アタシも仕事でここにきたんだけど、仲間を案内するのに神殿入っていったよ」

「あれ~? アンタってば毎日が休日状態だったのに、仕事見つかったんだ?」

 大きな目をさらに大きくして驚くファニーを、キュッリッキは憮然と睨みつけた。

「もうとっくの2週間前に、決まっちゃってるもん!」

「えーーー!! だったらさっさと連絡くれたらいいじゃないのもー!」

「年中無休のファニーがちっとも家に寄り付かないから、ドコにいるか判んなくて連絡も取れないんだってば!」

 怒鳴るように言って、キュッリッキはぷっくりと両頬を膨らませて抗議する。それを見てファニーは誤魔化すように、引き攣りながら手をヒラヒラさせて笑った。