【小説】片翼の召喚士-episode049

chapter-2.ナルバ山の遺跡編
この記事は約3分で読めます。

ナルバ山の遺跡編-episode049 【片翼の召喚士】

 ライオン傭兵団は出発前に、幾人かの情報屋から、ソレル王国の現状についての情報を仕入れていた。さすがになにも判らず状態で乗り込むほど、素人ではない。

 一つは軍の動きが慌ただしいこと。警務部の管轄へ強引に介入していて、命令系統がかなり乱雑気味だという。誤認逮捕や武力行使をして、市民感情を逆なでしているというのだ。

 もう一つは、傭兵の動きに過敏になっているという。傭兵ギルドの身分証を携帯している傭兵たちを、無理矢理取り調べたり、嫌疑をかけたりもしているそうだ。

 恐らく、ハワドウレ皇国のアルケラ研究機関ケレヴィルの研究者を、不当逮捕したことによる影響だとカーティスは睨んでいた。お偉方が密かに事を成すために、傭兵を駒のように使うのは常套手段である。

 そのためライオン傭兵団は、2箇所のエグザイル・システムを利用して、ソレル王国への侵入を試みた。

 首都アルイールよりまだ近い方にある、カバダ村のエグザイル・システムへ確保部隊が向かい、救出部隊と陽動部隊は、時間差をつけて首都アルイールのエグザイル・システムへ向かった。

 幸いカバダ村のエグザイル・システムにはソレル王国軍は待機しておらず、警戒することもなくすんでいた。一方、救出部隊と陽動部隊が、ソレル王国軍に捕まったという連絡は、まだ入ってきていない。

「移動は徒歩になりますよね。もう出発したほうが良さそうです」

 メルヴィンは荷物から日よけのための外套を出しながら、ブルニタルに顔を向ける。

「そうですね。こんな廃墟と化した村では、馬などの移動手段も取れないですし、もう出発しましょう」

「ねえ、空から行ったら早いよね?」

 キュッリッキはブルニタルの肩を、ツンツンと突っついた。

「そりゃあ早いですよ。でも、魔法もサイ《超能力》も持っていませんから、空を行くのは無理ですね」

「空飛んでいけるよ」

「どうやって?」

「こうやって」

 キュッリッキは肩にとまっていた黄緑色の小鳥を指に移らせると、そっと空に放った。

 小鳥は数回羽ばたいたのち、銀色の光に包まれ、ドスンっという音を立てて地面に降りた。

「………!」

「デカイな」

 ガエルは満足そうに頷いた。そして、日よけの外套を荷物から取り出した。

 黄緑色の羽根に覆われた小鳥は、ガエル級が10人乗っても、余裕が有るほどの大きさになっていた。

 ブルニタルもメルヴィンも、唖然と目を見開いて、デカくなった小鳥を凝視していた。

「この子に乗って行ったら、あっという間に着くよね」

 キュッリッキは「えっへん」と胸を張った。

「キューリ、外套を着込んでおけ」

「うん」

 ガエルに促され、キュッリッキも荷物から外套を引っ張り出す。

「召喚士は、なにかと便利なんですね」

 メルヴィンは嬉しそうに笑った。

 ブルニタルは目を白黒させながらも、その手はしっかりメモ帳に何事かを綴っていた。