【小説】片翼の召喚士-episode07

chapter-1.ライオン傭兵団編
この記事は約2分で読めます。

ライオン傭兵団編-episode07 【片翼の召喚士】

「御大帰ったのか?」

 ベルトルドが消えて少しすると、荷物を抱えた3人の男が、ガヤガヤと階段を降りてきた。

「ええ、今しがた。可愛いお土産を一人置いて」

「土産?」

 タバコを咥えた無精ひげの男が、ぬっと顔を突き出しキュッリッキを見おろす。

「こりゃまた美少女だな、新規採用のメイドか?」

「違いますよ」

「おっ! スゲー美少女じゃんか。名前なんて言うんだい?」

 赤毛の男が横から顔を突き出してきた。

「……キュッリッキよ」

 身をすくめながら、キュッリッキは困ったように顎を引いて上目遣いになる。

「彼女はベルトルド卿がスカウトしてきた、召喚スキル〈才能〉を持つ傭兵です」

「召喚スキル〈才能〉だとぅ!?」

「マジかよ」

 改めてマジマジと見つめられて、キュッリッキは肩をすくめた。

「私も仕事着に着替えてきます。ルーファス、彼女を空いてる部屋に案内してあげてください」

「おっけーい」

「そこで、仕事着に着替えてきちゃってください。今から仕事に行きますよ」

「あ、はい」

 一瞬、仕事着なんてない、と言いそうになって、慌てて返事のみをする。仕事着に使ってと、ひと揃の服をもらっていたことを思い出したのだ。

 カーティスが廊下の奥へ消えると、金髪の男が柔らかな笑顔でキュッリッキの前に出た。

「キュッリッキちゃん、かな。キミの使う部屋に案内するね」

「はい」

「オレはルーファス。こっちのむさっ苦しいのがギャリー、こっちの赤毛はザカリーって言うんだ。さっきのカーティスとキミと合わせて5人で仕事に向かうから、ヨロシク」

 恐る恐るといった様子で、キュッリッキはギャリーとザカリーに、ぺこっと会釈をした。

「こっちだよ、おいで」

「う、うん」

 ルーファスは小さなリュックをザカリーに預けると、スタスタと階段へ向かう。その後ろをキュッリッキは小走りに追いかけた。

コメント