【小説】片翼の召喚士-episode024

chapter-1.ライオン傭兵団編
この記事は約3分で読めます。

ライオン傭兵団編-episode024 【片翼の召喚士】

「さ~てぇ、次はぁ、台所よ~ん」

 台所に近づくにつれ、美味しそうな匂いが漂ってきていた。

「おじちゃーん、おばちゃーん、ちょぉっといいかしらあ~」

「おやマリオンちゃん、どうしたの?」

「昨日話したでしょぉ、新しい子のこと。挨拶に連れてきたのお」

「ああ」

「あの、キュッリッキです。よろしく」

 ぎこちない表情と動作で、キュッリッキはぺこりと頭を下げた。

「まあ、まあ、とっても綺麗な子ねえ。初めまして、私はここの料理当番兼、管理人をしているイングリッドといいます。そしてこちらは旦那のキリ」

「よろしく」

 二人は同い年で、今年53歳になるという。ふっくらと優しそうな笑顔のイングリッドは、基本”キリ夫人”と呼ばれている。マリオンや一部の仲間たちは”おばちゃん”と呼んでいた。キリのほうは、まるで枯れ木のように痩せていて、無表情が普通らしい。そしてとても無口だという。

「お二人共、複合の料理スキル〈才能〉を持ってるから、料理は高級レストランよりも美味しいのよん」

「おほほ、マリオンちゃん褒めすぎよ」

 嬉しそうにキリ夫人は笑った。

「ホントだもの~」

「あらあら、ありがとう」

「ねえ、今日のお昼ご飯なぁに~?」

「チキンのクリームシチューと、3種類のパスタ、卵サラダにデザートはミルクババロアよ」

「ペペロンチーノあるう?」

「ありますよ」

「やった~!」

「マリオンちゃんは、ペペロンチーノ大好きだものね。ああ、そう、そう。キュッリッキちゃんは、好き嫌いなものはある?」

「え」

 二人の会話を見守っていたキュッリッキは、いきなり問われて慌てて考えた。

「えっと、好きなものはポーチドエッグとかムースとか、ババロアも好き。嫌いなものは、生野菜。苦手なの、生野菜のサラダとか」

「あらあら。青臭いのがきっとダメなのねえ。じゃあ、茹でたりした野菜は大丈夫?」

「うん。生じゃなければ、野菜は嫌いじゃないの」

「ふふ、判ったわ」

 キリ夫人は優しい笑顔で頷いた。

「お昼ご飯、もうちょっとで出来るから、楽しみにしていてね」

「はい」

 キリ夫妻が仕事に戻ったので、二人は台所を出た。

「最後に食堂へごあんな~い」

 食堂は談話室よりもちょっとだけ狭いが、道路に面して窓も大きく、明るくてとても広々としている。

 10人ずつ向かい合えるほど、長いダイニングテーブルが2台あり、ベンチのような長椅子が、それぞれ1脚ずつ置かれている。

 テーブルも椅子も、シンプルな木材で、テーブルの至るところに調味料を入れた瓶が置かれていた。

「ここに料理の皿を持ってきてくれるからぁ~、各自取り皿に食べたい料理を入れて、食べるのよん。ビュッフェっぽい感じね」

「じゃあ残さなくていいね」

「そうね。でもお、美味しいから、ついついとっちゃうのよぉ~」

「そっかあ、楽しみ」