【小説】片翼の召喚士-episode021

(1).ライオン傭兵団編
この記事は約3分で読めます。

ライオン傭兵団編-episode021 【片翼の召喚士】

 ハンコをぽちっ、ハンコをぽちぽちっ、サインをササッ、そして書類を積み上げる。そんな作業的業務をこなしていると、ベルトルドは斜め前方にある、小さなデスク前のリュリュを見た。

「なあ、今日はキュッリッキの引越しの日だよな?」

 書類にペンを走らせていたリュリュは、顔も上げず「そうね」とだけ答えた。

「引越し祝いを持って行ってやろうかなあ。何がいいだろうか。そだ、こないだの入団テスト合格祝いも追加で持っていかねばならない」

「メモくれたら、アタシが手配して、業者に運ばせるわよ」

「バカを言うな。この俺自らが持っていかずしてどうする」

「おバカ言ってるのはあーたのほう。仕事は夜まで山のようにあるんだから、余計なコトはしなくてよろしい」

「フンッ! 仕事なんか後回しでじゅうぶんだ! 俺のキュッリッキの大切な日だぞ」

「あの小娘のことなら、メルヴィンとガエルが引越しの手伝いに行って、ちゃんと済ませてるわよ」

「なっ……なんだとぅ!」

 いきり立ってベルトルドは立ち上がる。

「あの青二才と野獣め! 俺のキュッリッキを押し倒して好きにしてるとか許さん!」

「……誰がそんなこと言ったのヨ」

 握り拳がフルフルと震え、端整な顔は嫉妬に歪んだ。

「ベッドに縛り付けてアンなコトやコンなコトをっ! 羨ましい…じゃない! ああ、汚らわしくて口にも出せない事をあいつら~~~!」

「おだまり」

 デスクの引き出しから分厚い住所録帳を取り出すと、サイ《超能力》を使ってベルトルドの顔面に投げつけた。

「フゴッ!」

 サイ《超能力》で加速したため、本来よりも重くなった分厚い住所録帳を見事顔面に喰らい、ベルトルドは黙った。

「妄想劇場そこで閉幕。さっ、デスクの上の書類を30分で片付けなさい。その後予算案の会議よ」

 ストンッとチェアに座ると、ベルトルドはベソ顔でリュリュを見た。

「なー、リュー」

「おだまり」

「ちょっとだけ……10分だけ」

「その10分で書類の山2つは減るわ」

「じゃあ、5分だけ」

「山1つぶん」

「3分」

「……」

 はあ…と溜め息をつき、リュリュはスクッと立ち上がる。そして、クネッ、クネッと身体をくねらせながら、ベルトルドの傍らに立った。垂れ目を眇め、ベルトルドをジッと見下ろす。

「ベル」

 仰け反りながら見上げてくるベルトルドの顎を、ガシッと力強く掴む。

「最近は遠慮してあげてたけど、あーた、お仕置きが必要なようネ?」

 ガタガタとベルトルドが震えだし、次第にリュリュの顔が妖しく微笑み出す。

「このところ、あーたの暴れん棒を咥えてないから、お口の中が寂しくってン」

「やっ……やめっ」

「会議までの30分、ねっとりお仕置きよン」

「ごめんなさいごめんなさいごめんなっ」

「おとなしくせんかわれえええええええええええっ!」

「いやあああああああああああああああ」

 悲鳴を上げるベルトルドは床に引っ張り落とされると、リュリュのサイ《超能力》によって仰向けに押さえつけられた。そしてベルトを外され、勢いよくズボンと下着がずり下ろされる。

「お嫁にいけなくなるうううううっ!」

「問答無用!」