【小説】片翼の召喚士-episode018

chapter-1.ライオン傭兵団編
この記事は約1分で読めます。

ライオン傭兵団編-episode018 【片翼の召喚士】

 0時を過ぎた時点で、キュッリッキは眠ってしまった。昨日までの仕事の疲れと、全員と初めての顔合わせ、緊張とアルコールで限界突破してしまったのだ。

 頬を紅潮させたまま、無防備な寝顔をさらけ出している。

「ハーツイーズのアパートまで、送ってきます」

 メルヴィンは立ち上がると、机に突っ伏して寝ているキュッリッキを、そっと腕に抱き上げた。

(見た目通り、やけに軽い子だな…)

 どんなに痩せている少女でも、もっと重いだろうと思う。

「あ、オレも一緒についていくよ」

 ザカリーはジョッキのビールを飲みながら、慌てて立ち上がった。

「ヤダあ、ザカリーってばあ~、部屋がどこか確認してぇ、ナニするつもりなのぉ~?」

 派手な化粧の女――マリオンは、ニヤニヤと意味深な表情でザカリーをからかう。

「んなっ、ちげーよブス!」

「えーん、ブスって言われたあ」

「行こうぜメルヴィン」

「はい。――では、カーティスさん、送ってきます」

「お願いします。気をつけて」

 泣き真似をするマリオンを苦笑しながら見やり、肩を怒らせて歩いていくザカリーの後を、メルヴィンはゆっくりとついていった。