【小説】片翼の召喚士-episode013

(1).ライオン傭兵団編
この記事は約1分で読めます。

ライオン傭兵団編-episode013 【片翼の召喚士】

「リッキーいるのかー? リッキー」

 ドンドンドン。ドアの叩く音で、キュッリッキは薄らと目を覚ました。

 両手で目をゴシゴシ擦り、時計に目を向けると、針は正午を指し示していた。もう一度ドンドンドンとドアを叩く音がして、何だろうと身を起こす。

「リッキー」

「あ、ハドリーだ」

 はっきりと目が覚めて、キュッリッキはベッドから飛び降りると、小走りに駆け寄って玄関ドアを開けた。

「おはよー、ハドリー」

「やっと起きたか」

 髭面を呆れさせていた男――ハドリーは、やれやれと苦笑した。

「朝方帰ってきてたが、仕事だったのか」

「うん」

「じゃあ何も食ってないだろ? 今から昼飯食べに行くんだが、一緒に行くか?」

「行く行く! 顔洗って着替えるから、下で待ってて」

「オッケイ」

 ドアを閉めると、キュッリッキは寝間着かわりのシャツを脱いで、ベッドに放り投げた。

コメント