【小説】片翼の召喚士-episode01

chapter-1.ライオン傭兵団編
この記事は約4分で読めます。

ライオン傭兵団編-episode01【片翼の召喚士】

 170m2ほどもある広大な執務室の奥には、重厚で大きな木製のデスクが置かれている。それ以外は、応接用のソファセットが中央にあるだけで、南側は全て引き違い窓で埋め尽くされていた。

 もともとの執務室は、金の額縁に飾られた歴代皇王の肖像画が、東西北の壁を埋め尽くし、天井には煌くばかりのシャンデリアが吊るされていた。他にもトロフィーや勲章、権威を誇示するものが大量に並べられていたが、現在の主に変わると全て撤去されてしまった。

「鬱陶しいわ!」の一言で、今のシンプルな室内に変貌したのである。その為か、室内の広さが一層際立っていた。

 夕闇に染まる室内で、黙々と書類と格闘していたベルトルドは、荒々しいドアの開く音と、近づいてくる大きな靴音に顔を上げる。

「アルカネットか。戻ったんだな」

 労うベルトルドの目の前に、アルカネットと呼ばれた男は、手にしていた写真を無言でビシッと突きつけた。

「ぬ?」

 目をパチクリさせて、やや仰け反る。

「よく見てください」

 逆光になっているため、突きつけられた写真の中身が暗くなって見えにくい。ベルトルドはデスク用のランプをつけて、アルカネットから写真を受け取ると、改めて写真を覗き込んだ。

 眼窩がんかから目玉がこぼれ落ちるほど見開いて、そして絶句する。

「驚いたでしょう」

 想像通りのベルトルドの反応に、アルカネットは満足気味に頷く。

「これは……一体…」

 掠れたような声を出し、写真を指差して、ベルトルドはアルカネットを見る。

「名をキュッリッキ、アイオン族の娘です。年の頃は18、フリーの傭兵をしています」

「傭兵だと?」

 ベルトルドは怪訝そうに眉を顰める。

「ええ。幼い頃から単独で傭兵のような行動を取り、現在はギルド認定の、歴とした傭兵なのです」

「更に驚いたな……」

 唸るように呟くと、写真に写る少女をまじまじと見つめた。

 街の中を歩いている姿を隠し撮ったもののようで、真っ白なワンピースをまとった、長い金髪の美しい娘だ。どこをどう見ても、ごく普通の少女と全く変わらない。傭兵だと言われても、誰も信じないだろう。

「もう一つ、驚くことがありますよ」

 黄昏色に染まるアルカネットの表情が、うっとりと微笑む。

「召喚スキル〈才能〉を持っているようです」

 ベルトルドは枕に背をあずけてベッドの上に座り、レースのカーテン越しに透けて見える月を、じっと眺めていた。

 ちらりと隣に視線を向けると、女は仰向けにぐっすりと眠っている。つい数分前まで、激しく――女のほうが一方的に――睦み合っていた。ベルトルド自身はごく普通に性欲を満たしていただけなので、あまり疲れてはいない。

 それというのも、夕刻にアルカネットから見せられた、写真の少女のことを考えていたからだ。

 アルカネットが来る前までは、仕事明けにパーッと女とベッドに飛び込んで、仕事のストレスと性欲の両方を解消するつもりでウキウキしていた。ところが、写真を見せられ報告を聞くと、以降はもうそのことで頭がいっぱいになってしまったのだ。

 視線を再び月に戻すと、ベルトルドは小さく頷き、そっと目を閉じる。

(アルカネット、いるか?)

(はいはい?)

 ほどなくして、淡々とした声が念話に応じる。

くだんの少女のことだが。至急、傭兵ギルドに彼女と連絡を繋いでくれるよう、要請しておいてくれ)

(判りました)

(ライオンに引き入れよう)

(それは構いませんが、カーティスが首を縦に振るでしょうか?)

(四の五の言わせん。俺が直接出向く)

(五月蝿いですよ)

(フンッ、構うもんか)

(ライオンのほうは任せます。――ところでベルトルド様、こんな時間まで、一体どこで、何をなさっているのでしょうか?)

 突如、ガラリと声音が変わり、ベルトルドはギクッと片頬をひきつらせた。

(デ…テェトに決まっているだろう)

 横柄に応じると、「ほーっ」と棒読みな反応が返され、更に頬がひきつる。

(まあ、アナタもいい年したオトナですから、細かいことまでは申しませんが。まさか、夫のいる女性と浮気なさっているとか、そんな非常識なことはありませんよね?)

 ニコッ、と語尾につきそうなアルカネットの顔が易易と想像できて、ベルトルドは肩をすくませた。

(ふっ、この俺が、そんないつまでもガキみたいな真似をするわけがなかろう。もう少ししたら帰る。ああ、夜食はいらんぞ)

(そうですか。それではお茶でも用意して…)

(ゲッ)

 ベルトルドはハッと目を見開き、部屋のドアへと顔を向ける。

(亭主が帰ってきただとぅ!?)

(亭主?)

(ヤベッ、見つかる前にずらからないとっ!)

(……パンツくらは、ちゃんと履いて戻ってきてくださいな)

(履いてる暇なんてあるか!!)

 ベッドから勢いよく飛び出ると、周囲に散らばる軍服や下着を慌ててかき集めた。

(亭主が帰ってくるのは明後日とか言っていたのにっ)

 ドアノブがガチャリと音を立てたところで、ベルトルドの姿は寝室からスッとかき消えた。