【小説】眠りの果てに 第七話:メイズリーク伯爵家の秘密

眠りの果てに(完結)
この記事は約3分で読めます。

第七話:メイズリーク伯爵家の秘密

 昼も夜も関係なく、イザークには自分で決めた時間に、庭をパトロールする任務がある。ルートは必ず決まっていて、勝手に入り込んだ者はいないか、異常はないか、しっかり見回るのだ。

 雨の日も雪の日も欠かさず、イザークは毎日立派に任務をこなしていた。

 夜のパトロールを終えて、自分に与えられた庭の森の四阿へ戻ってくると、いつもとは違う先客が来ていて椅子に座り込んでいた。

 インドラだ。

 イブニングドレスを着て、元気がない様子で俯いている。

 いつもならアンジェリーンが来ていて、イザークが戻るのを待っているのだが、今日はインドラが待ってくれている。それが嬉しくて、イザークは尻尾を振りながら駆け寄った。

 イザークが戻ってきたことに気づいたインドラが、寂しそうに微笑みながら顔を上げた。

「おかえりなさい、イザーク。見回りご苦労様でした」

 膝の上に顔を乗せ、上目遣いで見上げてくるイザークに、インドラは優しく笑う。そして、尖った耳を邪魔しないように、優しく頭を撫でてやった。

 イザークはひとしきりインドラに甘えたあと、足元に身を伏せた。

「ねえイザーク、聞いてくれる? あのね、わたしね、この伯爵家の養女になったのですって…」

 イザークは顔を上げ、黒い瞳でまっすぐインドラを見つめる。

「毎日食べるものにも困っていた、貧しい家に生まれ育ったわたしが、貴族の家の子になるなんて……。正直言うと、怖いの」

 膝の上に重ねた手が、小さく震えている。

「ご奉公へきたのだと思っていたから、お嬢様のように扱われることも、お勉強もがんばれたの。お城にいることも、これはお仕事なのだからって思っていたから、平気でいることができた。でも今は違う……とてもとても場違いな気がしてならない。貧しい生まれのわたしには、不釣合いな場所なの」

 だんだん涙がこみ上げてきて、手の甲にぽたぽたとこぼれ落ちた。

「急にお城が怖い場所に思えてきちゃったの。わたし、どうしたらいいの」

 ついに顔をおおって、インドラは肩を震わせ泣き出してしまった。

 イザークは気遣うように鼻で鳴いたが、インドラはシクシク泣き続けている。

「インドラ……」

 突然インドラの肩に大きな手がおかれ、そのまま抱き寄せられた。

「あ…」

 大きくて広いその胸には心当たりがある。毎日ダンスのレッスンで見ているから。

「アンジェリーン」

 涙に濡れた顔を上げると、気遣わしげに見ているアンジェリーンと視線が重なった。

「泣かないで」

 短く、でも、とても優しい声でアンジェリーンは言った。

「君がこんなに苦しむとは思わなかったんだ。どうか、泣かないで欲しい」

 よりいっそう強く抱きしめられ、インドラはびっくりしてしまった。でも、落ち着いてくると、アンジェリーンの胸の温もりが気持ち良い。そして、ふとアンジェリーンの言葉に疑問が浮かんだ。

「苦しむとはって、何のことなの?」

 ハッとした顔になったアンジェリーンは、森の闇に視線を泳がせていたが、目を閉じ、ゆっくりと開いた。

「君に話しておきたいことがあるんだ。君には知る権利があるから」