【小説】眠りの果てに 第六話:ティーパーティー

眠りの果てに(完結)
この記事は約2分で読めます。

第六話:ティーパーティー

「お嬢様、お嬢様、良い報せですよ!」

 常に冷静で、はしゃぐことがないパヴリーナが、喜びと驚きを混ぜたような表情で、慌てた様子で部屋の中に飛び込んできた。

「どうなさったのですか、先生?」

 クローデットにドレスを着せてもらっていたインドラは、不思議そうに首をかしげてみせた。まだ行儀作法を習う朝食までには時間がある。

「今日の午後、伯爵がティーパーティーにお招きくださるそうです」

 嬉しそうにパヴリーナが言うと、クローデットがにこやかにインドラの片手を握った。

「それはようございましたね、お嬢様」

 しかしインドラは硬直したまま、ぽかんと口を開けてパヴリーナを見ていた。

 伯爵と初めての対面は、緊張したインドラが上手に挨拶できずに終わっている。直後はたくさん泣いて落ち込んでいたインドラだったが、翌日からは普段通り元気に意欲的に勉強に励んでいた。それから1週間経った今日、突然伯爵自らパヴリーナを呼び、午後の ティーパーティーに招待する旨を伝えたのだ。

 アンジェリーンが言ったように、伯爵はインドラを城から追い出す気はなかったようで、インドラはどこかホッとしたようにその場に崩れ落ちてしまった。

「まあまあ」

 クローデットは慌ててインドラを支えながら立ち上がらせ、近くの鏡台前の椅子に座らせた。

「腰が抜けるほど、驚かれたんですね」

 くすくすと笑い、ドレスを整えてやった。

「伯爵様が……お招きくださったのね、わたしを」

 恐る恐るといったふうに、パヴリーナに顔を向ける。

「はい。おめかしして行きましょうね」

 パヴリーナはそう言い、優しく微笑んだ。