【小説】眠りの果てに 第五話:優しい森の中で

眠りの果てに(完結)
この記事は約6分で読めます。

第五話:優しい森の中で

 パヴリーナとアネシュカに支えられ、慰められながら自室に戻ると、インドラはベッドに崩れるようにして伏して泣き出してしまった。

 たくさん練習をしたというのに、いざ伯爵と対面すると、緊張のあまり頭が真っ白になってしまったのだ。

「きちんとご挨拶、できなかった…」

 伯爵に会ったら、まずお礼を言いたかった。

 家族に払ってくれた沢山の金貨、自分がそれに見合うだけの価値があるとは到底思えない。この城にくるまで字も読めない子供だったのだ。あの金貨で家族は一生食うに困らないだろうし、贅沢だって出来る。そして、空腹に耐える貧困の中から連れ出し、この城で貴族の令嬢のように扱ってもらい、色々なことを学ぶ仕事を与えてくれた。勉強も行儀作法もまだまだスタートラインに立ったばかりだが、毎日充実してとても楽しい。

 貧しい人々はたくさんいる。その中で自分を見出し、素晴らしい機会を与えてくれたことを、伯爵に感謝し、そのことを伝えたい。伯爵に会える日を待ち望みながら、ずっと心の中に抱き続けていたことだったのに。

「初めから、ちゃんとできるひとはいませんよ」

 インドラの傍らに座り、頭を優しく撫でながらパヴリーナが慰める。

「伯爵の前に立てただけでも、立派でございましたよ」

 アネシュカもいたわるように言う。

 パヴリーナもアネシュカも、普段のインドラを見ているので、まさかの失敗に軽い驚きを禁じ得なかった。飲み込みも早く、教えたことはきちんとこなしている子なのに。

 二人は失念しているが、インドラは数週間前まで貧しい木こりの家の子供だった。それが貴族の城にきて、大急ぎで行儀作法などを教え込まれて、伯爵の前に出されたのだ。

 15歳の少女にとって、それはとてつもなく大変なことなのだから。

 少しそっとしておこうということになり、パヴリーナとアネシュカは部屋を出て行った。

 一人になったインドラは暫く泣き続けていたが、やがて泣くことに疲れてベッドに座り直した。

 気持ちが落ち着いてくると、足元からだんだんと不安が這い上ってきた。

 先ほどのことで伯爵様のご機嫌を損ねて、家族から金貨を取り上げ、自分は城を追い出されてしまうのではないか。そのくらいの失礼をしてしまったのではと、とても怖くなった。

「どうしましょう、わたし、どうしたら……」

 急に落ち着かない気分になり、部屋の中をウロウロ歩き回る。それでも落ち着かず、インドラは部屋を出た。

 城の中を歩き回り、やがて庭へ彷徨いでた。

 外はすっかり陽が落ちて世界は暗かったが、大きな欠けた月から溢れる光が、庭を柔らかく照らし出していた。

 庭は花より木々が多く、小さな森のようになっている。まるで故郷にある森を彷彿とさせ、インドラは懐かしい気持ちになり、少しだけ心が落ち着いてきた。

 庭の森に入り込み、あてどなく歩いていると、開けた場所に小さな白亜の四阿が建っていた。

 生い茂る木々の隙間から、優しい月明かりが白亜の四阿を照らし、幻想的な光を放っている。暗い森の中なのに、そこだけが青緑色のうっすらと明るい空間を作り出していた。

 引き寄せられるように四阿に近づくと、そこに思わぬ人物を見つけてインドラは驚いた。

 アンジェリーンである。

 最初にインドラに気づいたのは、彼の足元に身を伏せていたグレート・デーンだ。

 尖った耳をピクピクと動かし、くるりと首を巡らせインドラを見る。その様子に気づいたアンジェリーンが、閉じていた目を開いてインドラに向けた。

「インドラ…?」

 不思議そうに名を呟かれ、インドラはサッと頬が熱くなるのを感じた。そして、名を呼ばれただけで急に胸がドキドキしだした。

「あ、あの、起こしてしまってごめんなさい」

 慌てたように言う声は上ずり、どうしていいか判らずその場に立ちすくした。

 アンジェリーンは立ち上がると、インドラの前まできて、胸の前で不安げに組み合わせている手をとり、四阿まで引っ張っていった。伏せていたグレート・デーンが、二人のために場所を譲る。

 それまで自分が座っていた場所にインドラを座らせ、アンジェリーンは近くの柱に背中をあずけた。

「どうしたんだ? こんな時間にこのような場所まで、一人きりでくるなんて」

 咎めるような音を含んだ声に、インドラの心から急にドキドキが抜けて、たよりなくしぼんでしまった。

「気持ちを落ち着かせようと思って、その……歩いていたら、ここまできてしまいました」

 すっかり落ち込んでいる様子に、昼間の伯爵との対面がうまくできなかった話を、パヴリーナから聞いていたことを思い出した。

「気にするな」

「え?」

「伯爵は誰に対しても態度が冷たい。上手に挨拶できなかったからといって、子供を責めるほど器量の狭い男じゃないさ」

 肩をすくめながらアンジェリーンが言うと、インドラは表情を曇らせたままアンジェリーンを見上げた。

「でも、先生からたくさん挨拶の作法や色々なことを教わったのに、伯爵様に何一つ成果を見せることもできなくて。ガッカリなさったでしょうし、先生にお咎めがあったら申し訳なく思います…」

 それに、とインドラは両手を組み合わせて口元に当てる。

「家族からお金を取り上げ、わたしは城から追い出されてしまうのではないかしら。そうなったら、家族にまたひもじい思いを味わわせてしまう。わたしはかまわないけれど、両親や弟妹たちを、もうそんな辛い生活には戻したくない」

 きちんとできなかった自分だけが、罰を受ければいい。家族にはどうか、お咎めを向けないで欲しい。インドラは祈るような気持ちで呟いた。

 アンジェリーンはもたれていた柱から離れると、インドラの足元に膝まづいて彼女を見上げた。

「笑顔を見せろ」

 小さく「え?」と言って、インドラは目を瞬かせた。

「ボクはきみの笑顔を殆ど見ていない。緊張したり沈んだり、生真面目だったり余裕がなかったり、そんな表情ばっかりだ」

 悔しそうに言うその表情は、どこか少年のように拗ねている。

「本気できみを追い出す気があるなら、対面の時にとっくにやっている。伯爵はそういう男だ。だから、きみは笑顔でいればいい」

「……ほんとうに? ほんとうに大丈夫?」

「ああ」

 アンジェリーンは力強く頷いた。

「クゥ~ン」

 それまでずっと黙っていたグレート・デーンが、アンジェリーンをからかうように鼻を鳴らした。

「なんだいイザーク」

「イザーク?」

「こいつの名前さ」

 アンジェリーンはイザークの首に手を回し、ガシガシと頭を撫で回してやる。イザークのほうは迷惑そうに全身をブルブルと激しく振って、面白がるアンジェリーンから離れた。

「つれないな。――イザークはこの庭の森の番人、そしてこの四阿はイザークの家なんだ」

「まあ、そうなの」

 インドラは柔らかく微笑みながら、イザークの頭にそっと手を乗せた。

「ご挨拶もしないで、勝手に上がり込んでしまってごめんなさいね。わたしはインドラというの、よろしくねイザーク」

 イザークは嬉しそうにクンクン鼻を鳴らし、軽快に尻尾を振り回して歓迎の意をあらわした。

 こんなふうに、自然と伯爵に挨拶できるようになりたい。微笑みながら感謝を込めて、お礼を述べたい。

 ――今日は失敗してしまったけれど、次の機会には堂々と挨拶できるように頑張ろう。

 月明かりが照らす優しい森の中で、アンジェリーンとイザークに慰め励まされながら、インドラの心は穏やかな光で満たされていった。

-つづく-