【小説】眠りの果てに 第拾話:光と闇の精霊

眠りの果てに(完結)
この記事は約5分で読めます。

第拾話:光と闇の精霊

 インドラとイザークは、月と星明かりだけを頼りに走る。

 ゴロゴロした小石が多く、歩きにくい道を走り、天空の明かりさえも遮るほどの鬱蒼とした森の中も、迷わず突き進んだ。

 眠れる魔女レディ・ヴェヌシェのあとを、ふたりは追っている。

 今夜のうちに魔女の住処にたどり着かないと、全てが手遅れになってしまう。そうならないためにも、夜道を怖がってはいられない。

 幼い時から森や山を歩き回っていたインドラは、こんな暗い夜道でも、しっかりとした足取りで走ることができた。

 イザークがアンジェリーンの匂いを辿り、インドラを魔女の元へと導いてくれている。

「今度は、必ず助けますからね、アンジェリーン」

 自らを奮い立たせるように呟くと、前を走るイザークが、突然足を止めたので首をかしげた。

「どうしたの? イザーク」

 耳をピンッと立て、低い唸り声を前方に向けて放っている。イザークの全身から険しい気配を感じ、インドラは息を飲んだ。すると、突然強い風が前方から吹き付けた。驚いたインドラは、目を閉じ咄嗟に腕で顔を覆う。風に逆巻かれたガウンに引っ張られ、その拍子に後ろに倒れそうになって踏ん張った。

 風が落ち着いて恐る恐る目を開けると、あたりの様子にインドラはギョッとした。

 濃紺の夜空を淡く彩っていた月や星も見えず、暗闇に浮かんでいた木々のシルエットもなく、真っ暗な闇にすっぽりと包み込まれていた。唯一の救いは、そんな真っ暗な中でもイザークの頼もしい姿が、くっきりと見えていることだった。

「一体どうしたのでしょう……」

 不安げに肩をすぼませ、手を胸の前で組み合わせていると、妖艶な笑い声が闇の中に響き渡った。

「聖なる夏至の夜に、古の魔女の元へ向かうお前、なんの真似なんだい?」

 姿なき声が、咎めるようにインドラに問いかける。

「わたしの大切な人が連れ去られてしまいました。魔女の下へ赴いて、返してくださるよう、お願いをしに行きます」

 途端、ケタケタと妖艶な声が笑う。

「レディ・ヴェヌシェはメイズリーク伯爵と正式に契約をして、報酬にアンジェリーンを受け取っただけじゃないか。それなのに何故、返さなくちゃいけないの?」

「それは……それは判っています。でも、アンジェリーンの心を無視して、勝手にやり取りしていいわけがありません。彼は物ではないのです」

 何もわからない子供の頃に、勝手に魔女への生贄になると、実の父親に言われて生きてきたアンジェリーン。どれほど絶望と悲しみに心を痛めただろう。

「文句は父親の伯爵に言えばいいのさ。レディ・ヴェヌシェは約束を守ったんだから、お前が出てきて責め立てるのは筋違いだ」

 やがて、インドラの目の前の闇がゆらゆらと揺らぎ、それは次第に大人の女の姿に固まっていった。

 真っ暗な中に青白く浮かび上がる白い顔。美しいがどこか不気味で、首から胸元までが同様に白い。思わずといったようにイザークが吠え立てた。

 闇をはめこんだような真っ黒な瞳が、じっとインドラを見据える。

「レディ・ヴェヌシェの報酬に、惚れたお前が悪いのさ」

 鮮やかなマニキュアに塗られた長い爪が、インドラを責めるように指す。

 たしかに、目の前の女の言うとおりなのだ。

 20年も前に取り決めたこと、レディ・ヴェヌシェは約束を守り伯爵家を助けた。自分は最近伯爵家に関わりだしただけの新参者。

 けれど、自分の運命を弄ばれたアンジェリーンが、唯一希望を見出したのがインドラだ。

 ほんの少しでも一緒にいたいと望んだインドラに、アンジェリーンは救いの望みを抱かなかったのだろうか。きっと、無意識に境遇を変えたいと望んでいたのではないのか。だからインドラを伯爵家に招いた。

「お前がどう思おうと、アンジェリーンはレディ・ヴェヌシェの物。悪あがきはみっともないから、およし!」

 女はピシャリと言った。でもインドラは怯まなかった。

 闇を見つめながら、インドラは思う。

 真実を知ったあの日から、毎日考えた。アンジェリーンにもレディ・ヴェヌシェにも、納得のいく形でおさめることはできないかと。

 もしアンジェリーンを諦めてもらえたとしても、別の誰かが犠牲になる。他者を犠牲にして、それでこの先アンジェリーンは気持ちよく生きていけるのだろうか?

 それは絶対無理だ。

 ならば、眠るときのお伴を止めてもらうことは可能だろうか?

 それもきっと無理だろう。

 どんな風に考えても、どちらかが不幸な結末になってしまうのだ。

 今も答えは見つからない。けれど、これだけはハッキリと決まっている。

「みっともなくてもいい、わがままだと言われてもかまいません。わたしは、アンジェリーンを必ず助けます」

 イザークも呼応するように力強く吠えた。

 女は忌々しげに舌打ちし、インドラとイザークを睨みつけた。その時、突然闇の中に眩いばかりの光が差し込んで、一瞬であたり一面を光で塗り替えてしまった。

「うふふ、イヴォナ、あなたの負けね」

 明るく感じのいい笑い声が光の中に漂う。光の中でもくっきりとした闇色の髪とドレスをまとった女――イヴォナは、隣に顔を向けて、わなわなと唇を震わせた。

「私は負けてなどいない!」

「ダメよ、あなたが何を言っても、このお嬢さんの決意は変わらないのだから」

 光がキラキラと瞬き、やがてプラチナのように輝く髪と白い肌、髪と同様に輝く白いドレスをまとった女が姿を現した。

「あたくしは光の精霊リリアナ、こちらは闇の精霊イヴォナ。あたくしたちは共にレディ・ヴェヌシェにお仕えする精霊です」

 にっこりと輝く笑みを向けられて、インドラは眩しそうに頷いた。

「レディ・ヴェヌシェに肩入れすれば、アンジェリーンは戻らない。アンジェリーンを最優先すれば、誰かが犠牲になる。あなたは究極の二択を迫られているわね」

「はい……」

「でも、あなたの心は、もう答えを出しているわ。あたくしには、どちらが正しいかは判らない。けど、迷いはレディ・ヴェヌシェの怒りを買うことになるの。彼女の元にたどり着くまでに、心をしっかり固めなさい」

「はい!」

 インドラが決意を込め返事をすると、リリアナは優しく微笑んだ。

「さあ、進みなさい。この道はレディ・ヴェヌシェの城へと続いているわ」

 スッと細い指で、リリアナは後方を指さした。イヴォナも仕方なくといった様子で道を示した。

 光の奥へ続いていく道。その先に浮かび上がる大きな城のシルエット。

 ――あそこにアンジェリーンがいる!

 リリアナとイヴォナが指し示す道へ、インドラとイザークは踏み出した。

第拾話:光と闇の精霊 つづく