【小説】眠りの果てに 第一話:家族との別れ

眠りの果てに
この記事は約2分で読めます。

第一話:家族との別れ

 * * *

 優しい春の空には、綿のような雲がゆったりと浮かび、小鳥たちが楽しげに歌いながら飛んでいた。

 色とりどりの草花が生い茂る草原を、小さな女の子と男の子が笑いながら走っている。そして、その二人の様子を温かい眼差しで見つめる、少女が一人。

「おねーちゃん」

 小さな男女が声をあげながら少女に走り寄る。そして明るく微笑みながら両手を広げる少女。

 ――見つけた。

 馬車の中から三人の様子を伺っていた紳士が、口元に小さな笑みを浮かべた。

 * * *

 インドラは細い背に太さもバラバラな枝を入れた大籠を背負い、右手で弟の手を引き、左手で妹の手を引いていた。

 朝から山へ枝を拾いに出かけて、もう夕方にさしかかろうとしている。三人ともくたくたで、お腹もぺこぺこだった。

「たくさん枝拾えたね、おねーちゃん」

 泥汚れを顔にいっぱいつけた弟が、にっこりと見上げてきた。

「そうね。明日はこれを町へ持って行って売りましょう」

「そしたらおっきなパン買えるかな?」

 左側から妹がパッと顔を明るくして身を乗り出した。

「ええ、1個くらいきっと買えるわ」

 やったーと、弟妹が大はしゃぎで飛び跳ねた。

 そんな様子を見て、インドラは嬉しそうに微笑んだ。

 大きなパンは無理でも、弟と妹に1個ずつならパンが買えるかもしれない。

 昨年から薪や木炭の値段がとても高くなって、こうした枝もまとめるとそこそこの値段で売れるようになった。薪も木炭も、半分以上は上流階級や貴族のお屋敷に流れていってしまうからだ。

 枯れ枝でも燃料として十分役に立つ。なるべく太めの枝をまとめておけば、いくらかのパンや野菜を買うことが出来るのだ。

 インドラの家は貧しい木こりだ。家名すらなく、町でも村でもない、山の麓に小さな小屋をかまえているだけ。

 学校へも行ったことがない15歳のインドラにとって、毎日こうして山に枝を取りに行ったり、小さな畑を耕して家計を支えることで精一杯だ。幼い弟と妹の面倒をみるのもインドラの仕事である。

 それを不幸だの不運だのと考えたことはない。

 毎日満足に食べられなくても、綺麗な着物を着られなくても、父母と弟妹に囲まれて幸せだ。そうインドラは心から思っていた。

コメント