【掌編】おじいさんの時計

短編集
この記事は約1分で読めます。

【掌編】おじいさんの時計

<strong>コトミ</strong>
コトミ

一見ほのぼのとしたお話、けれども…

 時計職人のおじいさんは、毎日、毎日、とっても素敵な鳩時計を作っています。

 12時をしらせる愛らしい小鳥が、時計の中から出てきて囀るのです。

 おじいさんの作る時計が大好きな近所の子供たちは、おじいさんが時計を作る所を見ています。しかし、おじいさんは小鳥を作っていません。

 時計もきれいだけど、小鳥もとってもきれいなのです。

「おじいさん、小鳥はどうしているの?」

「君たちが帰った後に、作っているんだよ」

「小鳥を作っているところも、見たいなあ」

「ははは。でも作るところは内緒だから、教えられないんだよ」

 小鳥を作る所は、見ることができませんでした。

コメント