【小説】Counter Attack 第二話:利子と英雄

Counter Attack
この記事は約1分で読めます。

第二話:利子と英雄

クラスメイト
クラスメイト

「ねーねーリシっち、今からゲーセン行かない?」

利子
利子

「あー、ゴメーン、今日は用事あっから、今度誘って」

クラスメイト
クラスメイト

「おっけー、また月曜にネ」

利子<br>
利子

「またー」


 授業も終わり、帰宅する者、部活動へ行く者、次々と生徒が教室から出て行く。


 利子としこは教科書の入っていないカバンを持つと、窓際の一番後ろの席へ向かう。


利子
利子

「ヒーロー、一緒にレンタル屋付き合ってよ」


 カバンに教科書やノートを詰めていたヒーローこと、英雄ひでおは顔を上げる。


英雄
英雄

「DVDでも借りるのか?」

利子
利子

「そそ」

英雄
英雄

「判った」


 カバンのフタを閉じて、英雄ひでおは立ち上がった。


英雄
英雄

利子リシ

利子
利子

「にゅ?」

英雄
英雄

「数学と国語の宿題出てただろ。教科書とノートをカバンに入れろ」


 真顔の英雄に見下ろされ、利子は明後日の方向へ視線を泳がせた。


利子
利子

「月曜の朝、ラブちゃんに写させてもらうから、いいんだもーん」

英雄
英雄

「お前な…」

コメント