【小説】Counter Attack 第一話:自転車に乗る女二人

Counter Attack
この記事は約2分で読めます。

第一話:自転車に乗る女二人

利子
利子

「あのさ、由里姉
(ゆりねえ)
…」

由里子
由里子

「何も言うな、何も語るな、何も見るなっ!!」


 ハンドルをギュッと握り締めて、額に汗して由里子
(ゆりこ)
は前方を見据えた。そして頭を大きく左右に振る。右足はペダルに、左足は地面を踏みしめ、自転車が倒れないように踏ん張った。


利子
利子

「あたしさ…、ジャングルってテレビでしか見たことないんだけどぉ…、どうみてもこれって、ジャングルっていうよね?」


 由里子がバランスを取る自転車の後部座席に座りながら、利子
(としこ)
は周囲をゆっくりと眺めた。

 鬱蒼と生い茂る緑、見事な太い幹をした木々、立ち込める湿気を含んだ濃い緑の臭い、時折聞こえてくる鳥の甲高い鳴き声。

 天高く伸びている木々の葉の隙間から、チラチラと降り注ぐ陽光からすると、今は日中のようだった。

 そこに、女の二人乗りをしたママチャリが一台、周囲の風景にかなりの違和感を漂わせていた。


利子
利子

「秘境探検!! とかさ、フジオカヒロシが出てきたりして~」

由里子
由里子

「……」


 由里子の背後から、利子がずいっと顔を覗き込む。


利子
利子

「どう見てもジャングルだよねぇ。あたしたちって、太古の世界にタイムスリップしたとか?」

由里子
由里子

「アタシの計算では、太古とかアリエナイんだけど…」


 由里子はジッとステムを見つめて呟いた。


由里子
由里子

「おっかしいなあ…」


 再度由里子が呟いたその時、


利子
利子

「あれっ、由里姉!」

由里子
由里子

「戻れるのかな? 利子、アタシにしっかりつかまってな!」

利子
利子

「はいよっ!」


 二人は突然発光し、そしてその場から掻き消えた。

コメント